朝にひと工夫でヤセ体質!朝食前1分エクサ第3弾

朝から数分でもカラダを動かせば、多忙な人でもダイエット初心者さんでもラクに美ボディづくりができる理由を、エクササイズディレクターの筆者が2回にわたって(過去記事は関連記事をご参照ください)説明してきました。今回はそのまとめです! ぜひ活用してください。

 

■朝のひと工夫でラクラク美人生活!ポイントまとめ

朝日を浴びて、ハッピーホルモン、セロトニンUP

脳の中心部分にあるセロトニン神経が分泌するセロトニンは、心臓機能や代謝、呼吸などを管理する自立神経を調節し、心のバランスを保ちます。睡眠サイクルを調整するメラトニンはセロトニンから作られています。そして、このセロトニンの分泌を促すのが、腹筋を使う意識的な呼吸と、継続的な軽めの運動です。

 

DIY(食事誘導性熱代謝)を上げる

食事をすると体が温かくなるといったように、食べ物を食べることによって使われるエネルギーを有効利用する簡単な方法が、「食事前に軽く運動をする」。食事前に運動をすると、交感神経を優位にし、燃焼される脂肪の量が増えます。

 

■食事前の1分エクサでダイエット成功率アップ!?

このエクササイズではバランス力をつけます。バランス力=全身の筋力アップ=集中力アップ効果が期待できます。筋力はボディデザインする力、集中力は脳の筋肉でありこれを鍛えることでブレずに明確な行動ができるようになります。心身ともにブレない軸を作って、ダイエットの成功率もアップさせましょう。まずは毎朝×3週間トライしてください。必ずボディラインに変化が現れます。

 

■食事前の1分エクサやり方

1. 立ち姿勢から手で片ひざをつかみ、腰の高さから胸を目安に引き上げます。この時、体幹を意識して背骨を伸ばし5呼吸キープ!

20160614kazuyo

2. そのまま両手を太もも裏に回し、かかとを前に蹴り出します。脚裏が伸びにくい人は、脚の高さは低くてもOKです。10秒キープ!

20160612kazuyo

3. さらに両手を天井方向に伸ばして10秒キープ! 反対側も同様に動作しましょう。

20160614kazuyo

いかがでしたか? なかなかハードなエクササイズですよね。ただ先を急ぐ必要は全くありません。大切なことはバランス力と集中力。膝を曲げたままでもOK、バランス力が付いたら次のステップに移るようにして確実に効果を感じてください。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ

160615kazuyo00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle