LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

シャワー派もOK!「寝付けない」夜とサヨナラする快眠のヒント

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

布団にもぐりこみ、目を閉じる。あとは眠りにおちるだけの状態なのにまったく眠れない! イライラしているだけで時間だけが過ぎ、寝不足に…。そんな日々が続くと、お肌の調子はよくないし、集中力も上がらない! なんて、負のループに陥りがちな、エイジング世代。これではせっかく育ててきたあなたの「キレイ」も、台無しになってしまうかも? そんな不眠には今日でさよならしましょう。快適に眠るためのヒントをお教えします。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■ぐっすり眠れる環境とタイミング

寝つきも目覚めもよい、快適な睡眠は、体温の変化が大きく関わります。自然のリズムに身を任せたいところですが、忙しいわたしたちには少し難しいですよね。そこで、お風呂に入りながら“眠りやすい環境づくり”をしてみましょう。
ポイントは体温調整が簡単にできる『入浴』。 眠る3時間前に入浴を開始し、38度のお湯で30分間半身浴をするだけです。いったん上昇した体温が、ゆっくりと下がってきます。この体温変化こそが「おやすみ状態」を生み、安眠効果をもたらしてくれるのです。入浴を終えた2時間半後が、布団に入るタイミングです。

■シャワーでもOK!の快眠法

お風呂はシャワーだけで済ませたい! そんな夜もあるはず。そんな時には、軽い運動が効果的です。ウォーキングもいいですが、おススメはお部屋のお掃除! 実は女性のストレスは、「おうちのことが何もできない」ということからくる場合も意外と多いのです。そこで、掃除機掛けやお風呂掃除、窓ふきなど、身体を大きく動かせる掃除で体温をあげながら、お片付けをしてスッキリしましょう。3時間後の睡眠を目安に20分程度がポイントです。やりすぎは、かえって眠りにくくなってしまうので注意しましょう。快適な睡眠への導入は、眠る3時間前から始まっています。入浴、シャワーが済んだら、その後はリラックスタイムと心に決めましょう。お部屋は暗めのライトに切り替え、ゆったりとした音楽やアロマでリラックス。この時間の五感の使い過ぎは禁物。パソコンやテレビなどの情報量が多いものは早めにシャットダウンしましょうね。
(LAR編集部)

【関連記事】
見た目年齢−5歳!?すぐできる「クマ」の撃退法3つ

【参考】
5人に1人が眠れない!秋の夜長は、しっかり入浴で『快適睡眠』の薦め!- 大阪ガス
「軽い運動」で健康と若さを継続する – 一般社団法人 日本家族計画協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事