LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美容師さんにホメられる!?ツヤ髪をつくるブラッシング術

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

髪のお手入れをしている時、「こんなに傷んでいたっけ……?」なんてドキっとすることはありませんか? 髪のダメージは、夏の日差しによるという説も有名ですが、気になる症状が現れたら、少しでも早く対策を始めたいものですね。そこで、美しい髪を育てるための、セルフヘアケアのポイントをご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■使い分けたい2種類のブラシ

1.クッションブラシ
髪になじみやすく、マッサージやブラッシングに適しています。クッション性のあるゴムなどが土台になっているので、頭に馴染みやすいのが特徴です。30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

2.スカルプブラシ
ピンの弾力性と先端の丸みが頭皮をやさしく刺激してくれる、シャンプー時に適したタイプ。汚れを落としやすく、頭皮を傷めにくいのが特徴です。30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■美髪の魔法!シャンプー前のブラッシング

【クッションブラシ】
シャンプー前に行いましょう。
1.毛先を丁寧にとかします。毛先がもつれていたら、やさしく少しずつブラッシングしましょう。力まかせにやりすぎないよう注意。
2.全体のブラッシングをします。ポイントは、顔まわりからはじめること。おでこやこめかみなども一緒にほぐしながら、一気に襟足までブラッシングして血行促進しましょう。
3.さいごに、首から頭頂部へ向かってブラッシングします。上から下に流してきたものを逆方向に流すことで、きれいな血液がいきわたります。 髪にツヤが出るだけでなく、目の疲れや頭のコリもほぐしてくれます! しかも、シャンプーを使う量を減らすこともできるので、地球にも優しいです。

【スカルプブラシ】
1.スカルプブラシは、2回目のシャンプーをする時に使います。手のひらでシャンプーを髪全体に馴染ませたら、クッションブラシの時と同様に、顔まわりから後ろへ流していきます。
2.次に、襟足から頭頂部へ。毛穴のまわりの毛細血管を刺激していきましょう。
3.最後は、自分が気持ちいいと思う方向にブラシを動かし、しっかり行き届いたら洗い流します。
血流の流れが良くなると、白髪や、脱毛のような髪の老化も防げます。リラックス効果も高く、顔のリフトアップも期待できます!

 

■朝シャン派は要注意!?

夜22時からは、お肌の新陳代謝が活発になるゴールデンタイム。これは頭皮も同じこと! だからこそ、ゴールデンタイム前にシャンプーを終わらせ、毛穴の汚れを落とすことが美髪のコツなんです。朝シャンプー派の人も、健康で美しい髪のために、ひとがんばりしてみては?

髪の上手なセルフケアを続けると、次に美容院に行った時の反応も変わるはず! さっそく心がけてみて下さいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
肌より老化してるかも!?髪や頭皮のUVダメージ対策3つ

【参考】
※本山典子著(2014)『正しいケアで毎日が輝く!毛髪診断士のときめき美髪BOOK』(メイツ出版)
ブラッシングとヘアケア – ホンゴ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事