LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美腸やアレルギー対策に!オリゴ糖の選び方・使い方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

近年、アレルギーに悩むお子さんが増えていますね。幼少期の腸内フローラは、本来ビフィズス菌が多い善玉菌優勢です。アレルギーのお子さんは悪玉菌が多く、腸内細菌のバランスが悪いことで免疫力が下がり、老廃物が血液に取り込まれてアレルギーの原因となるのでは…と考えられています。改善には食事が大切ですが、お子さんが好む甘い味で腸内フローラを改善するには、「オリゴ糖」が役立ちますよ。

160610iwata00

 

■アレルギー対策に!オリゴ糖がオススメの理由

多糖類のオリゴ糖は小腸で分解・吸収されにくく、大腸に届いて善玉菌のエサとなる甘味料です。善玉菌の増殖を促して腸内フローラを改善することから、身体の健康に役立つ成分の「プレバイオティクス」としても認められています。

 

■オリゴ糖の選び方・取り入れ方のポイント

含有率が高いものを選んで!

オリゴ糖は、シロップ状で販売されていることが多い甘味料です。そのため含有率には商品によって差があります。オリゴ糖と書いて販売されていても、中には砂糖が多く使われている商品も販売されていますから、オリゴ糖の含有率の高いものを選びましょう。

 

いつものお砂糖の「代わり」に使う

生活の中にプラスするのではなく、いつも使っているお砂糖の代わりにオリゴ糖を使いましょう。オリゴ糖は加熱にも強く、お料理やお菓子作りにも使えます。シロップ状の他に粉末のタイプもありますから、用途に合わせて使い分けるといいですね。

オリゴ糖をとることで、アトピー性皮膚炎の症状を予防できたという報告もあるそうです。子どもは大人と違い、身体のためだから……と食べ物を変えることが難しいもの。お子さんのアレルギーにお悩みのお母様はもちろん、大人の方も腸内フローラの改善のために、オリゴ糖を取り入れてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

【参考】
腸内細菌叢と腸管粘膜免疫の関係の解析 および食餌によるその制御を介したアレルギーの予防・改善 – 北海道大学
腸内細菌学雑誌 Vol. 18 (2004)「難消化性オリゴ糖の抗アレルギー免疫調節作用」 – 日本ビフィズス菌センター
お砂糖豆知識 – 農畜産業振興機構
成分情報 オリゴ糖 – わかさ生活
プレバイオティクス – ヤクルト

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160607iwata00

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事