LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

美腸やアレルギー対策に!オリゴ糖の選び方・使い方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

近年、アレルギーに悩むお子さんが増えていますね。幼少期の腸内フローラは、本来ビフィズス菌が多い善玉菌優勢です。アレルギーのお子さんは悪玉菌が多く、腸内細菌のバランスが悪いことで免疫力が下がり、老廃物が血液に取り込まれてアレルギーの原因となるのでは…と考えられています。改善には食事が大切ですが、お子さんが好む甘い味で腸内フローラを改善するには、「オリゴ糖」が役立ちますよ。

160610iwata00

 

■アレルギー対策に!オリゴ糖がオススメの理由

多糖類のオリゴ糖は小腸で分解・吸収されにくく、大腸に届いて善玉菌のエサとなる甘味料です。善玉菌の増殖を促して腸内フローラを改善することから、身体の健康に役立つ成分の「プレバイオティクス」としても認められています。

 

■オリゴ糖の選び方・取り入れ方のポイント

含有率が高いものを選んで!

オリゴ糖は、シロップ状で販売されていることが多い甘味料です。そのため含有率には商品によって差があります。オリゴ糖と書いて販売されていても、中には砂糖が多く使われている商品も販売されていますから、オリゴ糖の含有率の高いものを選びましょう。

 

いつものお砂糖の「代わり」に使う

生活の中にプラスするのではなく、いつも使っているお砂糖の代わりにオリゴ糖を使いましょう。オリゴ糖は加熱にも強く、お料理やお菓子作りにも使えます。シロップ状の他に粉末のタイプもありますから、用途に合わせて使い分けるといいですね。

オリゴ糖をとることで、アトピー性皮膚炎の症状を予防できたという報告もあるそうです。子どもは大人と違い、身体のためだから……と食べ物を変えることが難しいもの。お子さんのアレルギーにお悩みのお母様はもちろん、大人の方も腸内フローラの改善のために、オリゴ糖を取り入れてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

【参考】
腸内細菌叢と腸管粘膜免疫の関係の解析 および食餌によるその制御を介したアレルギーの予防・改善 – 北海道大学
腸内細菌学雑誌 Vol. 18 (2004)「難消化性オリゴ糖の抗アレルギー免疫調節作用」 – 日本ビフィズス菌センター
お砂糖豆知識 – 農畜産業振興機構
成分情報 オリゴ糖 – わかさ生活
プレバイオティクス – ヤクルト

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160607iwata00

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら