LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

30代・40代は着やせスカンツ・スカーチョ!コーデ術まとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

※2017年5月28日更新

30代・40代のLAR世代女性にも人気のスカンツ・スカーチョ(スカウチョ)。意外とバランスよく着こなすのは難しいですよね。

スクリーンショット 2017-05-29 14.48.25

今回は、よりバランスよくスッキリと着こなせるスカンツ・スカーチョの選び方や、着こなし方のコツを人気記事の中からまとめました。

■これで着やせ!スタイリストが教える選び方のポイント2つ

1.「ストンと落ちる素材感」のものを!

21070529morita03

スカンツ、スカーチョを選ぶ上で一番大切なのが素材感。ストンと下に落ちるような、さらっとした素材のものを選びましょう。さらに光沢があれば高級感が加わり、キレイめなコーディネートにも大活躍! ガサガサした素材や固めの素材のものは、ボリュームがありすぎて着太りしてしまう恐れがあるので注意して。

2.ウエスト周りにデザインがないものを!

20170529morita04

次に注意すべきはウエスト周り。できるだけすっきりとボリュームが出ないようなデザインのものをチョイスしましょう。トップスをウエストにインした時に、すっきりと見えるものが理想です。ウエスト周りににタック(ヒダ)やプリーツなど、デザインが集まっていると、ウエストがポッコリ出ているように見えてしまいます。

■絶対買い!トレンドも押さえたおすすめのスカンツ・スカーチョ

上記を踏まえて、今筆者がおすすめするスカンツ・スカーチョ(スカウチョ)を厳選してご紹介します!

ユニクロのスカーチョは、すっきり見えるトレンドデザイン

スクリーンショット 2017-05-26 23.35.50

ウエスト周りがすっきり見えるラップデザインのトレンドスカーチョがユニクロにもラインナップ! トップスをインしても、もたつかず、サイドのさりげないリボンデザインがエレガントに見せてくれます。後ろはゴム仕様になっており、楽に履けることもうれしいポイントです。

シンプル&フェミニンなGUのスカーチョ

G17SS5-wsc18-yi-045_170512

ストンと落ち感のある素材を使ったウエスト周りにデザインのないスカーチョは着やせ効果抜群。落ち着いた色味を選べばオフィス仕様としても活躍してくれます。取り外しできるリボンベルトが付属しており、シンプルな雰囲気とフェミニンな雰囲気の2パターン楽しめ、着こなしの幅も広がります。

トレンドのベルト付きはウエスト周りをカモフラージュできる

20170529morita05

今年はベルトが空前のトレンドとなっています。あらかじめパンツに付属しているものなら、ハードルが低く気軽に取り入れられます。しかも、ウエスト周りの気になる部分をカモフラージュしてくれる効果もあり、一石二鳥。

気になる部分をカモフラージュしつつ、着やせできるポイントを押さえれば毎日をおしゃれに装えること間違いなしのスカンツ・スカーチョ。トレンドも意識しつつ、ご自身の体型に合う一着を見つけてみてくださいね。

「スカンツ・スカーチョ」コーデの鉄板テクはコレ! ▶

■30代・40代「スカンツ・スカーチョ」着やせコーデのコツ3つ

トレンドからボトムスの定番となりつつある「スカンツ」と「スカーチョ(スカウチョ)」。ボリュームがあり、バランスが難しいのでそのコーデ方法に戸惑い、迷っているという方も多いでしょう。

スクリーンショット 2017-06-01 12.06.17

特にボディの気になる部位が多い30代以上の女性は、いかにスタイルよく見せるか、カモフラージュするか考えていると思います。そこでスタイリストの森田文菜さんが、LAR世代の気になる部分をうまくカバーし、バランスよく見えるコーディネートの鉄板テクニックをご紹介します。

■トップスはジャストウエストのものが正解

ウエスト周りにボリュームがたまりやすいスカンツやスカーチョ。これより長いトップスだとやぼったく、ずん胴に見えてしまう恐れがあります。まず、合わせるトップスは「ジャストウエスト丈」までのものが鉄則です。

長め丈のトップスは、ウエストインして着こなしてみてください。全部インするのに抵抗のある人は、前側だけ入れると気になるお尻部分も隠せ、ウエスト位置もわかりやすく、今っぽい着こなしになります。ウエスト位置を高めに設定すると、脚長効果も期待できます。

■ロング丈の羽織りを合わせて縦長効果を狙う

トップスはジャストウエスト丈のものが鉄則ですが、これではヒップやウエスト周りがダイレクトに見えてしまってなんだか不安……という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、ロング丈の羽織りを合わせるコーディネート。気になる部位をカモフラージュしつつ縦に長く見せることができ、細見え効果が期待できます。

これからの季節には涼しげでトレンド感のあるガウンタイプの羽織がおすすめ。刺繍が入っているものなら季節感も演出でき、おしゃれに装えます。腕周りがゆったりしているものが多いので、着やせ効果も狙えるアイテムです。

■重めデザインの靴を合わせてバランスをとる

全体のバランスをとるのに重要なアイテムであるシューズ。フラットなヒールでも、重めのデザインを選ぶとコーディネート全体がまとまり、足が引き締まって見える効果もあります。厚底、ストラップ太め、ウエッジソールなど、存在感のあるシューズを選びましょう。

バランスが難しいと思われがちなスカンツ・スカーチョコーデもほんの少しのテクニックでスタイルよく見せることが可能です。上記のことを頭の片隅に入れて楽しんでコーディネートしてみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
ぷよラインをカバー!スタイリスト厳選の着やせトップス3つ
春ファッションは足元から!快適さが鍵の最旬シューズ3つ
素材と色、柄で脚長効果も!最旬「ワイドパンツ」選びのコツ
顔色UPに◎30代40代が取り入れたいビタミンカラー3選
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
綿レーヨンデニムガウチョパンツ – ベルメゾンデイズ(9枚目)
ONWARD CROSSET 
ユニクロ
GU

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-05-29 14.48.25

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事