30代・40代は着やせスカンツ・スカーチョ!コーデ術まとめ

30代・40代のLAR世代女性にも人気のスカンツ・スカーチョ(スカウチョ)。意外とバランスよく着こなすのは難しいですよね。今回は、よりバランスよくスッキリと着こなせるスカンツ・スカーチョの選び方や、着こなし方のコツを人気記事の中からまとめました。ぜひご覧ください!

 

■これで着やせ!スタイリストが教える選び方のポイント2つ

160509morita00

1.「ストンと落ちる素材感」のものを!

スカンツ、スカーチョを選ぶ上で一番大切なのが素材感。ストンと下に落ちるような、さらっとした素材のものを選びましょう。さらに光沢があれば高級感が加わり、キレイめなコーディネートにも大活躍! ガサガサした素材や固めの素材のものは、ボリュームがありすぎて着太りしてしまう恐れがあるので注意して。

20160506morita

 

2.ウエスト周りにデザインがないものを!

次に注意すべきはウエスト周り。できるだけすっきりとボリュームが出ないようなデザインのものをチョイスしましょう。トップスをウエストにインした時に、すっきりと見えるものが理想です。ウエスト周りににタック(ヒダ)やプリーツなど、デザインが集まっていると、ウエストがポッコリと出ているように見えてしまいます。

20160506morita

 

■ユニクロ・GUでも買える!スタイリストもオススメのスカンツ・スカーチョ

上記を踏まえて、スタイリストのLARライター・森田文菜さんおすすめのスカンツ・スカーチョ(スカウチョ)を厳選してご紹介します!

ユニクロのスカンツは、上品な着こなしに◎

4月に発売されたばかりのユニクロのスカンツ。素材感が抜群によく、きれいめなスタイルとの相性が抜群。ちょっとしたお出かけ、お食事会にも行けちゃいます。上品な印象のピンクは女性らしく、エレガントにコーディネートを格上げしてくれます。 
(WOMEN ドレープイージースカンツ/ユニクロ 5色 サイズS・M・L・XL・XXL・3XL、税抜価格2,990円)

20160506morita

 

小花柄がカモフラージュ効果大のGUスカンツ

早くからスカンツを発売していたGUですが、その中でも秀逸なのがこちら。落ち感のある素材、すっきりとしたウエスト周りに加え、小さめの花柄が体型をカモフラージュしてくれる効果が高い一品。パンツで楽チンなのにフェミニンに見え、デートや女子会にもぴったりのスカンツです。 
(イージースカンツ(フラワー)/GU 3色、サイズS・M・L・XL、税抜価格1,990円)

20160506morita

 

ラップタイプのスカーチョは、こなれ感もプラスできる!

ラップタイプのスカーチョは、人と違うアイテムをお探しの人におすすめ。パンツに限らず、スカート、ワンピースなど、あらゆるアイテムでラップデザインはトレンドのひとつ。ウエスト周りもすっきりと見え、着やせ効果も高いアイテムです。マニッシュやクール系のコーディネートとの相性が良いのでかっこいいスタイルをお好みの人に特に取り入れてほしいスカーチョです。 
(TRストレッチ スカーチョ/SHARE PARK LADIES 1色 サイズ0・1 税込価格11,880円)

20160506morita

気になる部分をカモフラージュし、着やせできるポイントを押さえれば毎日をおしゃれに装えること間違いなしのスカンツ・スカーチョ。ご自身の体型に合う一品を見つけてみてくださいね。

 

■30代・40代「スカンツ・スカーチョ」着やせコーデのコツ3つ

今年トレンドの「スカンツ」と「スカーチョ(スカウチョ)」。新顔なのでそのコーデ方法に戸惑い、迷っているという方も多いでしょう。特にボディの気になる部位が多い30代以上の大人女性は、いかにスタイルよく見せるか、カモフラージュするか、と考えていると思います。そこでスタイリストであるLARライターの森田文菜さんが、大人女性の気になる部分をうまくカバーし、バランスよく見えるコーディネートの鉄板テクニックをご紹介します。

20160506morita

 

■トップスはジャストウエストのものが正解!

ウエスト周りにボリュームがたまりやすいスカンツやスカーチョ。これより長いトップスだと野暮ったく、ずん胴に見えてしまう恐れがあります。まず、合わせるトップスは「ジャストウエスト丈」までのものが鉄則。長め丈のトップスは、ウエストインして着こなしてみてください。ウエスト位置を高めに設定すると、脚長効果も期待できます。

20160506morita

 

■ロング丈の羽織りを合わせて縦長効果を狙う!

トップスはジャストウエスト丈のものが鉄則ですが、これではヒップやウエスト周りがダイレクトに見えてしまってなんだか不安……という方もいるでしょう。そんな方にオススメなのが、ロング丈の羽織りを合わせるコーディネート。気になる部位をカモフラージュしつつ縦に長く見せることができ、細見え効果が期待できます。

160509morita03

ジレ、シャツ、ベストなど、どんな羽織りを選んでも今っぽいスタイルになりますよ。

 

■重めバランスの靴を合わせてバランスをとる!

全体のバランスをとるのに重要なアイテムであるシューズ。フラットなヒールでも、重めデザインの靴を選ぶとコーディネート全体がまとまります。厚底、ストラップ太め、ウエッジソールなど、存在感のあるシューズを選びましょう。足の露出が多いスカーチョの場合は、重め靴を合わせることで足が引き締まって見える効果もありますよ。

20160506morita

バランスが難しいと思われがちなスカンツ・スカーチョコーデもほんの少しのテクニックでスタイルよく見せることが可能です。上記のことを頭の片隅に入れて楽しんでコーディネートしてみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
綿レーヨンデニムガウチョパンツ – ベルメゾンデイズ(9枚目)
ONWARD CROSSET 
ユニクロ
GU

160630LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle