非常食にも◎!ストックしたいアンチエイジングフード3選

災害食・非常食を普段の食生活の中で消費しながらストックしていく「ローリングストック」は、近年注目されている新しい非常用の備蓄方法です。実践している方にもおすすめの、普段の食事にも取り入れやすいアンチエイジングフードを3つご紹介します。

20160606LAR

 

■ローリングストックってなぜいいの?

ローリングストックとは非常食を日常的に消費しながら入れ替えて備蓄(ストック)していく流動的な方法のことを指します。随時食べながら消費した分を補充していく方式のため、非常時に備蓄食品の消費期限が切れていたという失敗を防げるメリットがあります。消費期限が比較的短いものでもOKなので、おいしさを楽しみながら食品を備蓄することができます。

 

■美味しく食べられる!ローリングストックにおすすめフード

災害は思わぬ時にやってきます。いざという時のために、ぜひ気軽に始められるローリングストックを計画してみましょう。ローリングストックは1ヶ月に1~2回、備蓄食品を消費することが推奨されています。日常的に美味しく食べられるだけでなく、ちょっと欲張ってアンチエイジング効果も得られるものをチョイスしましょう。

 

野菜たっぷりスープ/カゴメ

トマトのスープ・かぼちゃのスープ・豆のスープの3種がセットになった、カゴメの野菜たっぷりスープ。トマトではリコピン、かぼちゃではビタミンCやビタミンEによる抗酸化作用が期待できます。豆のスープに含まれるひよこ豆の食物繊維は便秘にも◎。さらにカリウムでむくみ解消効果も期待できます。いずれも67~86kcalで低カロリーなのもうれしいところです。
(3種各160g×3食 税抜参考小売価格3,000円)

160606LAR00

 

寝かせ玄米レトルトパック/結わえる

今話題の寝かせ玄米。白米より栄養価の高い玄米を3~4日熟成させることによって、食べやすくした商品です。もちもちでやわらかいので、毎日でも飽きずに美味しく食べられます。普段の美容食としても、災害時の栄養補給としても頼れる一品。玄米には「若返りビタミン」とも呼ばれるビタミンEが豊富で、アンチエイジング効果も期待できます。一般的に玄米は消化しにくいとも言われていますから、よく噛べましょう。
(画像は「寝かせ玄米小豆ブレンド」 税込価格1,980円 ※お試し5食セットの価格)

160606LAR01

 

サバ缶/マルハニチロ

水煮や味噌煮などバリエーションの多いサバ缶は、備蓄品に外せない一品。実は、アンチエイジング効果もあるんです。サバに含まれるEPAとDHAには、血液のめぐりを促す「血液サラサラ」効果以外にも、中性脂肪の低下を促す効果も期待できます。またサバの脂肪には抗酸化作用のあるβ-カロテンの吸収率を高める働きも。β-カロテンの多い緑黄色野菜であるにんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなどを一緒に摂取すれば、抗酸化作用も期待できますね。
(画像は「さば水煮」190g 税抜価格200円)

普段の食生活にも、災害時にも使えるアンチエイジングな備蓄食品。早速、楽しみながらローリングストックを始めてみましょう。
(LAR編集部)

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

【参考】
野菜たっぷりスープ – カゴメ
寝かせ玄米 – 結わえる
さば水煮 – マルハニチロ
“ローリングストック”のススメ – テーブルマーク
できることから始めよう!防災対策 第3回 ‐ 内閣府防災情報のページ
非常食の新たな備蓄法「ローリングストック法」を実践する – NHK そなえる 防災
トマト – わかさ生活
かぼちゃ – わかさ生活
ひよこ豆 – わかさ生活
玄米 – わかさ生活 
サバ – わかさ生活
β-カロテン – わかさ生活

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle