LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

「つけ置き洗い」でバイ菌だらけ!?菌を増やさないコツ3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

これからの季節、気になるのが食中毒です。ご家族の健康のためにも、キッチンを清潔に保つことは欠かせませんよね。まな板や包丁はもちろんですが、食器洗いにも気を使っていますか? 特に注意したいのが「つけ置き洗い」です。節水のつもりが、細菌だらけの水に食器をつけているかもしれませんよ!

160523iwata00

 

■つけ置き洗いで細菌が増殖しやすくなる条件3つ

エフシージー総合研究所によれば、日常的につけ置きに使っている洗い桶の水には約400万個の細菌が存在し、そこに新たな食器をつけ置きすると、8時間後には1800万個までに増殖したという調査結果もあるそうです。これからの季節、長時間のつけ置き洗いには、細菌が繁殖しやすい条件が揃います。

 

(1)湿度

食中毒の原因となる細菌は、高温多湿を好み、とくに温度25℃以上、湿度70%以上で増殖が活発になるのだそうです。これからの季節は細菌が繁殖するのに最適な温度と湿度で、使用後のお皿にも細菌が付着しやすい状態が続きます。

 

(2)エサ

食後の食器には食べカスが残っているため、細菌にとっては繁殖するのに絶好の環境です。

 

(3)温度

細菌が最も活発に繁殖するのは20℃~50℃と言われていますが、10℃以上になると急激に繁殖を始めるそうです。室温が、20℃以上になるこれからの季節は、水温も10℃を超えます。そのため、つけ置くことで細菌が繁殖するのに最適な条件が揃います。

 

■つけ置き洗いで注意したいポイント3つ

(1)食べカスを流す

エサとなる食べカスを、一度しっかり流してからつけ置きしましょう。

 

(2)なるべく1時間以内に洗う

細菌が増殖を始めるには、1時間程度の時間が必要といわれています。例えばつけ置きして30分後には洗うなど、できれば細菌が繁殖する1時間以内に洗いきるのがベストといえそうですね。

 

(3)つけ置き用の洗い桶を除菌する

つけ置き用の洗い桶(ウォッシュタブ)には、細菌が常在しやすいそうですから、使った後は除菌する習慣をつけましょう。

細菌は、65℃以上の高温でなければ死滅しないそうですから、通常のお湯で洗った程度では取りきれない場合もあります。細菌だらけの水に食器をつけることにならないよう、これからの季節は特に注意したいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選

【参考】
食中毒の予防方法≪細菌を増やさない≫ – 花王
湿度と温度のお話(PDF) – 佐藤計量器製作所
つけ洗い、放置に注意 - エフシージー総合研究所

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle