和のスーパーフード!風情ある寺院で抹茶を飲もう

スーパーフードはまだまだブームが続いていますが、和のスーパーフードである抹茶を忘れてはいけません。抹茶はビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カテキンなどの栄養素が豊富な食品です。抹茶はカフェでも飲めますが、本場京都では抹茶を楽しめる寺院があります。今回は抗糖化美容研究家の筆者が、抹茶を飲みながら一息つける京都の寺院を2つご紹介します。

160521hanada00

 

■南禅寺(京都市)

どんな寺院?見どころは?

南禅寺は京都市左京区南禅寺福地町にあります。室町時代に天皇の離宮として創建され、1291年に臨済宗南禅寺派大本山となりました。画像にあるドラマや映画の撮影がよく行われる水路閣や、石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と見得を切ることで有名な三門、国宝である庭園の方丈などが見所です。紅葉が美しいことでも有名で、シーズン中は観光スポットとしても特に人気です。

20160519hanada

寺院で飲める抹茶

拝観料とは別に1人500円で、抹茶と落雁(らくがん)ただくことができます。お茶席の前にある滝の音を聞き、庭園を眺めながら抹茶を楽しむことができます。滝の音は癒し効果ばつぐんです。

 

寺院情報

・住所:京都市左京区南禅寺福地町
・電話番号:075-771-0365
・拝観時間:8:40〜17:00(3月1日~11月30日)、8:40〜16:30(12月1日~2月28日)
※受付終了は拝観時間終了の20分前まで

 

■宝泉院

どんな寺院?見どころは?

宝泉院は、京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺院です。美しい紅葉や景観で人気のスポット・三千院の近くにあります。柱と柱の空間を額に見立てて観賞する「額縁庭園」や、京都市指定の天然記念物であり樹齢 700年を越える「五葉の松」、伏見城落城の悲劇を伝える血天井などが見所です。期間限定で行われる夜間ライトアップが美しいことでも有名です。

 

寺院で飲める抹茶

宝泉院では、拝観料にお抹茶、若狭屋手作りの和菓子の料金が含まれています(※写真はイメージです)。拝観料は大人800円、中・高700円、小600円なので良心的な価格です。 BGMとして声明が流れるなか、美しい庭園を眺めながら抹茶をいただけます。時間制限が無いので心ゆくまで観覧でき、和みのひとときを味わえるのが魅力です。

20160519hanada

寺院情報

・住所:京都市左京区大原勝林院町187番地 
・電話番号:075-744-2409 
・拝観時間:9:00~17:00(受付終了は午後4時30分)

いかがでしたか? 寺院でいただく抹茶は、雰囲気も別格です。今回ご紹介した寺院は全てJR東海のCM「そうだ京都行こう」に登場しているほど景観にも素敵なスポットです。京都に行かれた際は、ぜひ寺院で抹茶を楽しんでみてください。
(薬剤師/抗糖化美容研究家 花田真理)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
南禅寺
宝泉院 

160521hanada00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle