LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

30代・40代流「シンプル無地Tシャツ・カットソー」の選び方

ヒグチ トモミ

higuchi

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

そろそろ暑くなってきました。暑い時期の必需品と言えばTシャツ・カットソーですよね。今年は無地が人気ですが、30代・40代にとって、無地のTシャツやカットソー1枚はシンプルがゆえにコーデを難しく感じることも。今回は、デザイナー・パタンナーの筆者が30代・40代でも一枚で決まるTシャツ・カットソーの選び方をご紹介します。

20160514higuchi05

 

■きれいめ・エレガント派さんのTシャツ・カットソー選びのコツ

光沢素材ならオフィスカジュアルもOK

夏はオフィスもラフな薄着で行きたいですよね。そんな方は、素材感にこだわったTシャツ・カットソーがオススメです。光沢感や質感の高い「トリアセテート」や「レーヨン」などのスムース素材を選ぶときれいです。

 

意外!?キレイ目のポイントは「衿ぐりのリブ」にあり

衿ぐりのリブは、細めの方がエレガント。ただし、首元の開きが広過ぎるとインナーのように見えてしまう可能性もあるので、開きは程よく詰まっているアイテムがいいでしょう。コンパクトなシルエットなら、ウエストまわりにデザインがあるボトムスにインするのにもぴったりです。画像のようにボトムスと色を合わせたものを用意すると、セットアップやワンピース・コンビネゾンのようにコーディネートできます。

20160514higuchi01

 

フレンチスリーブで暑い日でも体型カバー

こちらは衿ぐりにリブがない、カットソータイプ。これだけでエレガントに見えますよね。フレンチスリーブは脇や二の腕の肉を隠してくれるので、暑い日にもオススメです。

20160514higuchi02

 

■カジュアル派さんは「ユルさ」「コンパクト」のバランスがカギ

ドロップショルダー+太リブがおしゃれ

カジュアル派の人にオススメなのが、体型もカバーできるドロップショルダータイプのTシャツ。ゆるっとした雰囲気が大人っぽく見えます。着丈が長いとだらしなく見え、いかにも体型カバーという雰囲気をまといがちなので、コンパクトな着丈を選びましょう。カジュアル派は衿ぐりのリブが太い方がアクセントになり、下着っぽさを回避できます。

20160514higuchi03

 

「前だけイン」でコンパクトに

最近はTシャツもインするコーディネートが多く見られます。しかし、体型がモロバレしやすいのが難しいところですよね。そんな場合、着る時は前だけインすればトレンドっぽさも感じられ、体型も悪目立ちしなくなります。お腹が気になる方は、ベルトでポイントをつくり、引き締めてあげるとよいでしょう。

20160514higuchi04

 

■アクセントのあるアイテムで、「インナーっぽさ」を回避せよ!

Tシャツ・カットソー1枚だとインナーっぽく見えないかな……と心配になる方は、ワンポイントアクセントがあるものがオススメです。

「異素材切替」で主役級のTシャツ・カットソーに

部分的に異素材が入っていると、いかにもTシャツ・カットソーという印象が薄れます。

20160514higuchi06

 

レースアップがアクセント、フォークロア調は引き続き人気

脇がレースアップになっているタイプは、それだけで目を引きますよね。フリンジも引き続き人気なので、裾や袖がフリンジになったタイプもオススメです。

20160514higuchi07

いかがでしたか? 暑い時期はデザインもシンプルな方がすっきり爽やかに見えます。ぜひ大人らしい無地Tシャツ・カットソーコーデを。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20160514higuchi05

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら