LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

実は「人任せ」が正解!?美バストをキープする秘訣

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「以前よりも、なんだかバストが柔らかくなってきたような…」と感じたことはありませんか? 実はそれ、「バストのエイジング」のサインなんです! ワコール人間科学研究所が2010年に発表した研究によると、バストが柔らかくなる原因は、年齢を重ねるごとに上胸の肉が落ち、さらにバストを構成する乳腺と脂肪の割合が変化して脂肪が増えるからだそう。また、バストのエイジングで気になるのが「クーパー靭帯」。これは乳腺や脂肪を支えている靭帯なのですが、重力や揺れなどの外部刺激を受け続けると伸びてしまい、なんと二度と戻らないのだとか!きれいなバストを保つために、バストの変化のステップも知っておきましょう。

 バスト

■    もう始まってる? バストのエイジングは3回に分けてやってくる!
バストのエイジングは、3段階に分けられます。
・ステップ1 「そげる」:バスト上部のボリュームが落ち、脇側が「そげ」てくる
・ステップ2 「たわむ」:バスト下部が「たわんで」きて、乳首が下向きになってくる
・ステップ3 「流れる」:バストが外向きに流れ、下向きに下がってくる
この変化のステップは、だれでも同じ。ただし変化が始まる年齢は人それぞれで、40代でも美しいバストを保っている人はいるのだとか。

 ■    「不摂生」も「サイズだけ合ったブラ」もNG!美バストを保つポイント2つ
(1)数十年にわたる研究から判明!体型が変わりにくい女性の特徴
同所の研究調査によると、加齢による体型変化の小さかった女性には、「体脂肪が少なめ」「持久力・筋力」「上質な睡眠」などの身体的特徴のほか、生活様式にも「適度度な運動」「規則正しい食生活」「ぴったり合った下着の着用」という特徴がみられたそう。健康的な生活習慣が、実は美バストの維持にも結びつくなんて意外ですよね。

(2)ついついやりがち! 「サイズだけ見る」ブラ選びはNG
ぴったりの下着でエイジングバストをいたわれるとあれば、こんなに手軽なケアはありません。が、「ジャストフィット」と言われる一枚を探すには、サイズの他にも数々のポイントが。
・エイジングの程度と、それに伴うバストの向きは?
・どのくらいのやわらかさか?
・バストの底辺の長さや幅がどのくらい?
・胴体の形は平たいか、コロンとした丸みを帯びているか?

自分ひとりで悩むより、店頭でBAさんに相談すれば手っ取り早く、ハズレがないかも。プロの力を借りて、お気に入りの一枚を探してみましょう。

(LAR編集部)

【関連】
顔もボディも!リフトアップに不可欠なのは●●機能だった!

【参考】
ワコール人間科学研究所
からだのエイジング(加齢による体型変化)について一定の法則を発見-ワコール

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

バスト

Related Article関連記事

最新の記事