LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ひと工夫でグッとこなれる!プレーンブラウス着こなしテク

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お仕事にプライベートに幅広く活躍してくれるプレーンブラウス。ただ普通に着こなすだけじゃもったいない! ちょっとしたポイントを押さえてアレンジを加えるだけで、グンと今っぽく着こなせます。今回はオシャレかつ今年っぽく見えるプレーンブラウスの着こなし術を4つご紹介したいと思います。

160805nagaoka00

■フロントをインして無造作感を

まっさらなプレーンブラウスでも、フロント部分の裾をボトムスにインすれば、ほどよくこなれた印象になって、今っぽく着こなせます。今年のトレンドのひとつに、どこかゆるっとしたラフさがあります。全部の裾を入れてしまうと、今らしさに欠けた印象に。フロントをしまうと腰の位置も高く見えるので、足長効果も期待できます。

20160804nagaoka01

襟まわりは大きく開く

少しだらしないくらいの感じに仕上げるのが、今年らしい雰囲気にするポイント。そこで、思い切って襟まわりは大きく開いて着こなしてみましょう。女性らしさの強調である鎖骨も見えて華奢に見えますし、襟まわりを大きく開くことで、こなれた感じも出せます。ネックレスをつける時には、なるべく華奢なものを選んで。ブラウス自体の存在感を強調したほうが、こなれた感じに仕上がります。

20160809nagaoka03

■袖はクシャッと巻き上げて

さらにこなれた感じを出したいなら、袖を無造作にくしゃっと巻き上げてみるのもオススメです。ポイントは、きっちりと折り目をつけて巻き上げるのではなく、あえて無造作に巻き上げること。また、女性ならではの手首の細さも強調できます。

ph00810

 

いかがでしたか? 何の飾りもないプレーンブラウスも着こなしのコツを押さえることで、オシャレな感じがぐっと上がります。きっと1枚は持っているであろうプレーンブラウス。ここで紹介した着こなしのポイントを取り入れてみてはいかがでしょうか。
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160805nagaoka00

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事