30代・40代「靴下+サンダルorパンプス」のコーデ術

もはや定番となりつつある靴下とサンダルのコーデですが、組み合わせ次第ではおしゃれにも野暮ったくもなるコーディネートです。今回は、デザイナー・パタンナーの筆者が、靴下とサンダルをバランスをよく合わせる法則をご紹介します。

160517higuchi00

 

■失敗しない!靴下+サンダルコーデのコツ3つ

まずは白黒定番アイテムでコーディネート

今までストッキングや素足で、パンプスやサンダルを履いていた人にとって、靴下との組み合わせは少し抵抗があるかもしれません。ストッキングや無難な黒タイツと合わせていた人は、まず白のナイロン靴下をひとつ買って、黒のパンプスやサンダルと合わせてみてください。そこで白の靴下よりも他の色の靴下がいいなと思えば、他の色に替えてあげるとよいと思います。

20160516higuchi06

 

靴と靴下のボリュームやカラーリングを揃えると◎

ヒールの細いパンプスやストラップの細い華奢なサンダルには、薄手のナイロンの靴下を。

160516higuchi00

ボリュームのあるサボやウェッジソールには、厚みのある綿の靴下で。このように、靴と靴下のボリュームを合わせると、すんなりバランスよくまとまります。色合せはモノトーン系の靴ならばモノトーンの靴下、ブラウン系の靴には白よりも生成りの靴下をチョイスすると、しっくりきます。

20160513higuchi01

 

上級者は柄ソックスをチョイス

人気の柄ソックスを使うと、コーディネートにアクセントが生まれます。靴下の柄の一色を使ったサンダルやパンプスを選ぶと失敗しにくいです。一歩間違うと子どもっぽく見えるので、子どもっぽさを回避したい方は、ストライプや幾何学のシャープな柄を選びましょう。色はモノトーンやダークカラーにしてしまうといいですよ。

20160516higuchi03

 

■肝心の服装とのコーディネートは…?

靴とサンダルは決まったものの、今度は上の服装に悩むこともあるかと思います。まずはシンプルなワンピース、同カラーのセットアップなどに合わせてみるといいですね。慣れてきたらさまざまなコーディネートに合わせてみてください。服装も靴下とサンダル同様に、エレガンスな格好には華奢な靴と薄手の靴下、カジュアルな格好にはボリュームのあるサンダルに厚手の靴下が合わせやすいですよ。

いかがでしたか? コーディネートを新鮮にする靴下+サンダルの組み合わせ、ぜひ挑戦してみてくださいね。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
スタイリスト直伝!30代・40代流「サンダル+靴下」コーデ術

【参考】
BELLE MAISON DAYS(画像1・3・4枚目)
ONWARD CROSSET (画像2・5枚目)

160517higuchi00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle