LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美肌&ダイエットに◎!「旬カツオ」の超簡単レシピ2つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

初夏の訪れを告げる「カツオ」が、おいしい季節になってきました! 「血液サラサラ」でお馴染みのDHAやEPAに加え、アミノ酸も豊富で抜群の栄養価です。さらに、お肌の修復やホルモンバランスを整えるために欠かせないビタミンB6をたっぷり含んだ、ダイエットにも役立つアンチエイジング食材です。

160501iwata00

 

■カツオがアンチエイジング食材である理由2つ

(1)ビタミンB6が豊富

タンパク質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB6。お肌のためにも大切なビタミンですが、エストロゲンの代謝に関わるので、ホルモンバランスを整える働きもあります。カツオのお刺身6切れ(約100g)で、1日に必要なビタミンB6の60%以上をとることができます。

 

(2)過食を抑えて「やせホルモン」の分泌を促す!?

カツオなどの青魚に含まれるEPAは、体内で合成することができず、食べものからとる必要のある必須脂肪酸です。血液や血管の健康を保つことで有名ですが、小腸にある細胞に収まることで食欲を抑えたり、食べものをゆっくりと移動させたりする働きがあります。これによってやせホルモンとも呼ばれる「GLP-1」の分泌を促すことがわかっていますから、食べ過ぎ予防にも効果的と言えそう!

 

■ダイエット&美肌に◎!簡単カツオレシピ2つ

・カツオとアボカドの和え物

シソやゴマを添えて食べるのもオススメです!

<材料>
・カツオ 100g
・アボカド 1/2個
・調味料(醤油 小さじ1/ニンニク・ショウガ お好みで)


<作り方>
1.カツオとアボカドをひと口大に切り、調味料と和えて出来上がり!

 

・カツオとトマトのサラダ仕立て

<材料>
・カツオ 100g
・プチトマト 5個程度
・バルサミコ酢 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 適量


<作り方>
1.プチトマトは、細かく刻みます。
2.バルサミコ酢、オリーブオイル、刻んだプチトマトをよく和えて、塩で味を調えます。
3.薄くスライスしたカツオに2.のトマトソースを添えて出来上がり。

初夏はサッパリとしていますが、季節が進むにつれ脂ののった深い味わいになっていくカツオ。味の変化も楽しみながら、美味しく食べてアンチエイジングを楽しみたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)


【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方


【参考】
成分情報 ビタミンB6 – わかさ生活
GLP-1の多様な作用 – 糖尿病サイト
※さば缶が糖尿病に効果!名医が認めた!病気に効く食べ物(「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」2014年冬号vol.5) – 学研マーケティング

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160501iwata00

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事