LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

岩田 まなみ

iwata

食べる物も、食べる量も、運動量だって20代の頃と変わっていないのに、顏がたるんで体型が崩れてきた気がするのが30代…。キレイな30代になるためには、エンジンの切り替えが必要なようですよ!

140924iwata00

 ■老化のポイントは『ミトコンドリア』活性化にあり!

 若い頃は「解糖エンジン」といって、食べ物から摂った糖をエネルギーとして利用する割合が多いのだそう。しかし加齢によって、徐々に「ミトコンドリアエンジン」という糖質をあまり必要としないエンジンに切り替わります。そのため、糖質の多い食生活をしていると、エネルギーとして使われなかった糖が、タンパク質や脂質と結びついて「糖化」し、老化の一因に。脂肪細胞に取り込まれるなど、お肌にもカラダにも影響を及ぼすと言われています。

 

■ミトコンドリアの役割って?

『ミトコンドリア』は、細胞内にある器官で、食べた物から得た栄養素と酸素を使ってエネルギーを生み出しています。ただし、エネルギーを生み出す際には、同時に活性酸素を排出します。ですから、ミトコンドリアが元気で効率よくエネルギー生産をしないと、たくさんの活性酸素を身体中にまき散らすこととなり、その結果として細胞を傷つけてしまうのです。

 

■ミトコンドリアを活性化する食品・飲み物3つ

(1)リンゴやアーモンドで活性化「レスベラトロール」

ブドウやリンゴ、アーモンドの皮などに多く含まれる「レスベラトロール」には、ミトコンドリアの量を増やす働きがあることが判っています。レスベラトロールは、ミトコンドリアだけでなく、抗酸化作用も強くエイジングケアには欠かせません。

 

(2)烏龍茶でミトコンドリア活性化「ウーロン茶ポリフェノール」

筑波大学の研究によれば「ウーロン茶ポリフェノールは、ミトコンドリアを活性化させエネルギー生産を高める効果がある」とのこと。ウーロン茶ポリフェノールは、私たちの身体に既に備わっている抗酸化酵素「SOD」の働きを高める効果もあるそうですから、積極的に飲みたいですね!

 

(3)コーヒーでもミトコンドリア活性化!「クロロゲン酸」

コーヒーに多く含まれる「クロロゲン酸」。花王株式会社の研究によれば、クロロゲン酸には、ミトコンドリアへの脂肪の取り込みを促し、脂肪の燃焼量を高める作用があるそうです。また、食事から入ってきた脂肪だけでなく、既に蓄積された脂肪の燃焼にも効果を発揮するそうですから、カラダのスリミング化を計画中の方におすすめ。

年齢とともに変化していく私たちのカラダ。『ミトコンドリア』を味方にして、美しい30代、40代を過ごしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
肌が若返る!?「ミトコンドリア」を増やす&活性化させる方法4つ

【参考】
長寿とレスベラトロールの気になる関係 – 山田養蜂場
ウーロン茶高分子ポリフェノールのATP生産量向上作用に関する研究 – つくば生物ジャーナル
ウーロン茶に腎臓改善効果がある – 日本SOD研究会
コーヒークロロゲン酸 脂肪消費のはたらき − 花王

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

年齢肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっとみる