LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

上質二の腕になるダンベルエクサ&効果を上げる裏ワザ3つ

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

さて今回は、夏仕様の魅せボディ第二弾! 前回はたるみが気になる二の腕裏側(上腕三頭筋)を引き締める方法をご紹介しました。今回は、エクササイズディレクターの筆者が、二の腕前側(上腕二頭筋)とダンベルエクサ効果をアップさせる裏ワザをご紹介します。

20160422kazuyo

 

■ダンベルエクサ効果をあげる裏ワザ3つ

間違えると効果が出にくい!効果的な時間帯は?

効率的な脂肪燃焼を図るなら、運動は食前に、食後(朝食または昼食)なら少なくとも2~3時間後がオススメです。食事の直後・極度の空腹時・早朝の起きぬけには、ダンベル運動や激しいトレーニングは避けましょう。筋トレに限らず、食後約30分以内の運動は血糖値が高いため、脂肪燃焼よりも糖分が消費され、引き締め効果は得られにくいと考えましょう。

 

呼吸によって消費カロリーがアップ する!?

ダンベル体操時は、瞬発力で使う白筋(速筋)ではなく、持久的な力で必要とする赤筋(遅筋)を鍛えます。赤筋(遅筋)は毛細血管が多く酸素がたくさん供給されるので、消費するエネルギーが多いのです。たとえば今回の動きのように、ダンベルを自分の方に引き寄せる時に2カウントで息を吐き、戻す時に2カウントで息を吸いましょう。このように動作すれば、筋肉にいつも新鮮な空気が行き渡り、消費エネルギーもアップします。

 

筋肉痛を感じたら休息も必要

ダンベル体操で気をつけたいのが、筋肉痛。筋肉痛は筋肉の断裂が原因で起こる痛みで、筋肉の回復によって治まります。しかし、筋肉痛が治まらないうちにダンベルトレーニングを続けると、筋力の低下や縮小を引き起こしてしまい、逆効果に。筋力の低下は基礎代謝量の低下にもつながるため、筋肉痛を感じたら最低1日はトレーニングを休んで、筋肉の回復に努めましょう。筋肉組織が太く修復されるのには約48時間必要だと言われています。つまりダンベル筋トレは2日から3日空けて行った方が効率的と言えます。

 

■ダンベルエクササイズの方法

この動作は、二の腕前側(上腕二頭筋)を引き締めます。上腕二頭筋は、曲げた腕を引き寄せる動作で刺激されるので、ゆっくり動作して効果を感じてみてください。週に2〜3回を目安にトライしましょう。必ずボディラインに変化が現れます。

1.椅子に座り両手にダンベルを持ち、腕の前側(ひじの内側、手のひら)を前に向けます。

20160422kazuyo

2.ゆっくりと息を吐きながら、ダンベルを引き寄せます。この時、肩が上がらないように注意しましょう。15回を目安に動作しましょう。

20160422kazuyo

いかがですか? 動作中は、体がぶれないように腕だけを動かす意識でトライしてください。回数も15回が辛ければ、まず8回を目安にチャレンジしてみてくださいね。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら