ダイエット中も安心!表参道のグルテンフリーカフェ2店

健康志向の女性が増えているなか、レストランやカフェでも時代に合わせたメニューが増えています。特に甘いものや炭水化物を控える糖質制限は、ダイエット中の人なら男女問わず心がけていることですよね。今、日本の女優やモデルも愛用しているというグルテンフリーのお店がここ最近で増えています。そこで今回は、ビューティヘルスライターの筆者が、スイーツ・フードに小麦粉、白砂糖、添加物を一切使わないカフェをご紹介します。

160425machiyama01

 

■グルテンフリーとは?

グルテンは、小麦粉や大麦、ライ麦などに含まれる穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアルなどに含まれている、私たちの生活にとても身近なものです。このグルテンは食物に粘り気を出し、水などに溶けず残ってしまいます。これが問題で、私たちの体内では血糖値を上げる原因にもなっています。そこで、最近話題になっているのが、グルテンを取らない健康な体づくり「グルテンフリー」の食事療法です。

160426machiyama00

■人気の秘密は?

欧米では健康志向を持つ多くの人から支持されている食事のスタイルです。人気の理由は、小麦粉を使わない食事と白砂糖、添加物を極力取らない生活は血糖値が上がらないため、インシュリンの分泌を抑え、太りにくいスリムな体型を維持できるからです。また、グルテンは食べるとアレルギーや腸の疾患を引き起こす可能性があると言われていますが、グルテンフリーによって改善されやすいとも考えられているのです。とはいえ、今まで口にしてきたパンやスイーツを突然やめるのは難しいですよね。「砂糖や小麦粉を一切使わないってどんな食事?」「おいしいの?」など気になる人は、ぜひ一度グルテンフリーカフェで体験してみるといいですよ。

 

■Natural Cream Kitchen

「身体に優しく身体に美味しい、無添加・手作りスウィーツ」がコンセプトのNatural Cream Kitchenは、スイーツ・フード全てに小麦粉、白砂糖、添加物を使っていないお店です。甘さを出すのに、白砂糖より太りにくい米飴やビタミン、酵素、アミノ酸、食物繊維が豊富な糀甘酒を使用し、小麦粉の代わりに米粉を使っています。人気のポップオーバーの味は3種類で食べ放題です。テイクアウトも常備しているのでおみやげにも喜ばれそうですね。

20160426machiyama

店舗情報

・住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F 
・電話番号:03-6433-5187
・営業時間:11:00~20:00(テイクアウトは10:00〜) 
・定休日:不定休

 

■REVIVE KITCHEN/THREE AOYAMA

コスメブランドTHREEのフラッグシップショップ「THREE AOYAMA」にあるダイニングです。どれも品質にこだわった食材を使っており、ゲストの体調によって選べるさまざまなチョイスを提供しています。今話題の体内デトックスを促すコールドプレスジュース(熱を加えない低温圧縮ジュース)やランチやディナー、スイーツのパンケーキとフレンチトーストはグルテンフリーです。コスメや雑貨、スパも併設しているので、いろいろ楽しめますよ。

20160426machiyama

店舗情報

・住所:東京都港区北青山3−12−13 1〜2階 
・電話番号:03-6419-7513 
・電話番号:8:00〜22:00(土曜10:00〜、日曜・祝日10:00-20:00)
・定休日:第2・第4火曜日、年末・年始

今回は東京都内で行けるグルテンフリーのスイーツカフェをご紹介しました。私も体験してみましたが、「本当に砂糖使っていないの?」「粉使ってないの?」と驚くばかり。味も見た目も普通のスイーツやパンで、美味しくいただけます。甘いものを気にせずたくさん食べたい、というときにはぜひグルテンフリーカフェをオススメします!
(リンパ・ハーバリスト/ビューティヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
アラサーなら知らぬは損!「本当にビタミンC豊富な食べ物」5つ

【参考】
※カレン・ラッセル著(2014)『グルテンフリーで健康生活』(バベルプレス)
※松村圭子著(2014)『小麦粉オフな食べ方』(マイナビ)
グルテンフリーのこともっと知りたい – Dole
Natural Cream Kitchen
『Natural Cream Kitchen』が4月17日(金)オープン! – PR TIMES
REVIVE KITCHEN – THREE AOYAMA

160425machiyama01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle