LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

むしろ食べるべき!?お砂糖なのに玄米より低GI値の●●シュガーって?

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

今、最も話題の食材と言えば「ココナッツ」。ココナッツウォーターやココナッツオイルは、美にストイックな海外セレブの間では、既に常識とか! それら以外にもオススメのココナッツ製品があります。30代・40代のエイジング世代のみなさんにはもちろん、甘いものがやめられない方にもオススメですよ!

20140920iwata39

 

■「ココナッツシュガー」のビューティーパワー3つ

(1)玄米より低いGI値
ココナッツオイルのGI値は、なんと玄米より低い35。GI値が低いということは、血糖値を急上昇させないため、血液中で余った糖がタンパク質と結合して起こる「糖化」を引き起こしません。糖化した細胞は、茶褐色の弾力のない細胞となってしまうため、お顏のくすみ、ほうれい線、身体のたるみの原因になってしまう怖い存在。糖化対策のためにも使いたいのがココナッツシュガーです。

(2)代謝UPにも欠かせないミネラルがたっぷり
ココナッツシュガーは、ミネラルが豊富。栄養価の高いハチミツと比べても、体内の水分バランスを保つカリウムは、約1000倍、ナトリウムも約6倍、お肌のターンオーバーに欠かせないカルシウムは3倍。このほか、女性に大切な鉄も含まれていて、こアミノ酸やビタミンも含まれているので栄養価も◎。

(3)腸内環境美化もサポート
ココナッツシュガーには、腸内の善玉菌にとってエサとなる水溶性食物繊維「イヌリン」が含まれています。お砂糖なのに腸内環境美化もサポートしてくれるという優れものなのです。

 

■『ココナッツシュガー』の使い方

ココナッツシュガーは、普通のお砂糖同じ様に何にでも使う事ができます。香ばしい香りがして焼菓子作りやコーヒー、ナッツともよく合うので、お気に入りの組み合わせを見つけてみて!

糖化対策もバッチリなのに、甘くて美味しいココナッツシュガー。糖化やダイエットが気になって甘いものを控えていた方も、ココナッツシュガーなら安心して楽しめますね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
秋冬大注目!?糖質オフフード代表「しらたき」パワーとメニュー例

【参考】
ココナッツシュガー – ココウェル
オーガニック(有機)ココナッツシュガー − レインフォレストハーブ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20140920iwata39

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事