LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

たった一手間!いつもの味噌汁が劇的においしくなるコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日本の食卓になくてはならない「味噌汁」。毎日飲む方はもちろんのこと、毎食飲むなんていう方も多いのではないでしょうか。好みはあるけれど、せっかくだからもっと基本的に美味しい味噌汁をいただきたいものですよね。そこで今回は料理研究家である筆者が、「カンタンひと手間で格段に美味しくなる味噌汁のコツ」についてご説明いたします。

2016042ogawa

 

■1:味噌は違う種類をブレンドする

味噌は異なる種類をブレンドすることにより、お互いのよさを引き出し合い、コクや風味が増すことがあります。「赤と白」「辛口と甘口」など、一見正反対に見えるタイプの味噌を2種類以上組み合わせることで、味に深みが生まれます。また、冬は甘味噌、夏は辛味噌をメインにすると、より美味しさを引き出すことができますよ。

 

■2:時間がない場合は「カツオ粉」を使う

美味しい味噌汁をいただくために最適な方法は、「だしをとる>カツオ粉>顆粒だし」の順でよいとされています。だしを取った方が間違いなく美味しくいただけますが、そんな時間がない方や面倒に感じる方は、カツオ粉を最後にふり入れて、具材をワカメなどの海藻にすることをお試しください。自然なだしに近い風味が楽しめます。

 

■3:貝類は酒を入れて、冷たいところから火を通す

アサリやしじみなど、貝類の味噌汁は、酒を入れた水に具材を入れ、冷たいところから火を通すのが基本です。口を開いたら一度火を止めて取り出すのがポイント。お椀に味噌汁を入れる直前に貝類を戻すと、身が硬くならず、栄養も抜け出さないためオススメです。

 

■4:温め直す時は具材は出しておく

一度冷めてしまった味噌汁を温めなおす場合は、具を取り出すように心がけてください。先述のように、温めているうちに風味が飛んでしまったり、硬くなってしまうことがあります。

いかがでしたか? 毎日の食卓に欠かすことのできない味噌汁。代表的な日本の家庭の味ですよね。今回ご紹介した4つのコツを参考に、ぜひ美味しい味噌汁を味わってみてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
美肌・美腸に!毎日続けたい「酒粕ヨーグルト」「はちみつ甘酒」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら