簡単&時短!米屋が教える「缶づめのっけ丼ぶり」レシピ2つ

近ごろは高級店の味わいが楽しめるもの、海外の本格料理の味わいが楽しめるものなど様々な缶づめが発売され、さらには、缶づめが食べられる居酒屋まで登場するなど、缶づめ人気が上昇中! お米屋さんを営む筆者が、缶づめで手軽にできるおいしい丼ぶりレシピをご紹介します。

160419shibuya00

 

■超時短!缶づめが使える理由3つ

1.とっても手軽!

下処理がされているので、そのまま食べられ、簡単アレンジで豪華なレシピを手軽に作ることができます。

 

2.保存性に優れている!

耐久性、真空性に優れる缶づめは、保存性もバッチリ。賞味機嫌が長いので、買っておくといざというときに便利です。

 

3.バラエティー豊か!

おかず・おつまみ・おやつにフルーツ…缶詰のバリエーションはとっても豊か!リーズナブルな缶詰から高級缶詰まで、選んで楽しいバラエティーに富んでいます。

 

■お米屋さんオススメ!缶づめを使ったカンタン丼レシピ

焼き鳥缶×春キャベツの親子丼

シャキシャキの春キャベツの食感と相性抜群! もし、ご飯にこだわる余裕があったらぜひ北海道産ゆめぴりかで作ってみて! 汁気を上手に吸って、ベチャッとせずにご飯の存在感が活きます。

1.春キャベツの1/8カット分を千切りにして用意し、ご飯の上にのせる。
2.ごま油を敷いたフライパンに、焼き鳥の缶詰をタレごと入れて加熱する。
3.温まったら卵を割りいれて蓋をして蒸す。
4.卵がとろっと半熟になったら、キャベツをのせたご飯の上にのせて出来上がり!

 

カニ缶×炒り卵で本格かにたま丼

ちらし寿司風で、ちょっとゴージャスな一品。もし、ご飯にこだわる余裕があれば、ぜひ北海道産ななつぼしで作ってみて! さっぱりと歯切れが良く、酢飯がしゃっきり絡み合います。

1.水を少なめにしてやや硬めに炊いたごはんに、すし酢を絡ませる。
2.汁気を切ったカニ缶1/2缶をご飯に混ぜ、炒り卵と白ごまを混ぜます。
3.最後に、三つ葉を散らして出来上がり! シンプルだけどカニとたまごの風味が味わえて絶品!

アレンジ次第でレシピは無限大。ぜひ様々な缶詰で、お好み丼ぶりを作ってみて!
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

160419shibuya00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle