LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

お米屋さん直伝「蒲焼き缶で炊き込みご飯」の時短レシピ

澁谷梨絵

マイスター写真①

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

忙しい方にオススメなのが、缶詰を活用した炊き込みご飯。水でご飯を炊くよりも、トマトや醤油など味が付いた汁で炊く方が浸透・吸水時間が早いので、缶詰ならより一層美味しく時短で作れます。今回はごはんソムリエの筆者が、「イワシの蒲焼き缶」を使ったカンタン炊き込みご飯レシピをご紹介します。

160411shibuya00

 

■水よりも味付きで炊く方がオススメの理由

お米を同時に浸水をスタートさせて浸透率を検査した結果、味付けを行ったお米の方が、浸透率が高いという結果が出ています。味付きの炊き込みご飯なら、時短でふっくら美味しくご飯が炊きあがります!

 

■簡単絶品!「いわしの蒲焼き缶」で炊き込みご飯レシピ

いわしの蒲焼缶を使った炊き込みご飯はおこげができやすいので、底の方にあるご飯はお茶漬けにしてもとっても美味しいですよ。ひつまぶし風に出汁をかけて食べてみるのもオススメ!

<材料(3人分)>

・白米 2合
・いわしの蒲焼缶 1缶
・調味料(酒 大さじ1、しょう油 大さじ1)
・小ねぎ 適量

 

<作り方>

1.白米を洗い、炊飯器に入れる。
2.2合の水から大さじ2杯分減らし、調味料を入れてさっとかき混ぜる。
3.いわしの蒲焼缶を汁ごと入れたらスイッチオン。
4.炊き上がったら空気に触れさせながらしっかり混ぜて、小ねぎを散らして、でき上がり。お好みで生姜の千切りをのせて食べても美味。

少量1合で炊きたい方は…

酒と醤油の量を半量にして、お水を1合分の分量から、大さじ2杯減らして。いわし蒲焼缶の汁は旨みがぎっしりなので、汁ごとそのまま入れて炊いてください!

少し多めの3合で炊きたい方は…

酒と醤油の量を1.5倍増しにし、お水は大さじ2杯減らして、いわし蒲焼缶1缶汁ごと入れて、最後にみりんを小さじ1加えて。いわし感は少々減りますが、旨みは凝縮されているので、3合まではいわし蒲焼缶1缶で十分です。

 

■違う缶詰を使っても美味しい!

他にも、「さんまの蒲焼缶」など蒲焼シリーズや、トマトを使った「トマトいわし煮缶」なども同じように炊き込みご飯が作ることができます。トマトいわし煮缶の場合は、醤油の代わりにトマトケチャップを入れるとより旨みが増しますよ。

時短で美味しい、缶詰を活用した炊き込みご飯レシピ。缶詰を活用すればよりレシピも広がります。以前の記事「手抜き絶品!米屋さん直伝「缶詰炊き込みごはん」レシピ3つ」も関連記事からぜひご参考あれ!
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
手抜き絶品!米屋さん直伝「缶詰炊き込みごはん」レシピ3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160411shibuya00

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら