神秘の力に触れる旅。一度は訪れたいバリ島の非日常スポット

インドネシアのバリ島といえば、人気のパワースポット。そして浄化や癒しなど女性が好きなテーマにあふれた、可愛い小物やコスメアイテムが豊富なスポットです。自然が豊かな上、スパエステが盛んな島なので、女性のリピート率が高いとか。最近では男性も仕事の息抜きや癒しを求めて旅行される方が増えているそうですよ。今回は、バリ旅で訪れておきたいスピリチュアルスポットやお土産の選び方、自然の素晴らしさについて、スパ好きの筆者が現地の方に教えてもらいました!

20160914machiyama05


洗練されたスピリチュアル・パワースポット

「神々の島」と呼ばれるバリ島では強力なパワースポット寺院があります。観光スポットとして人気の寺院は日本人客も多いので、バリ島初心者でも安心して巡ることができます。神々のパワーを身近で感じてみてください。

(1) タマン・アユン寺院(上の写真)

バリの数ある寺院の中で一番芸術的な寺院です。堀に囲まれた庭園のような敷地を進むとバリで2番目に大きい神殿があります。とても神秘的な寺院です。

(2)ブサキ寺院

バリ最高峰のアグン山に建つブサキ寺院は「母なる寺」と呼ばれバリで一番重要な寺院。大小30ほどの寺院が集まる複合寺院でもあるため、祭礼が年間55回も行われているそうです。

(3) タナロット寺院

岩の上に建てられているタナロット寺院には、海の神が祀られています。夕日に包まれた寺院の景観がとても美しく、この景色見たさに訪れる観光客も多いそうです。寺院に向かう参道にはお土産屋さんやカフェなどが並んでいるので、夜の散歩にもぴったりな場所です。


大自然の景観がまるで映画!ジャティルウィの棚田

バリ島で初めて世界遺産に登録されたのが、ジャティルウィの棚田です。ジャティルウィとは「本当に素晴らしい」という意味で、果てしなく続く棚田は圧巻の一言。どこか懐かしい気持ちになると共に、異空間を感じさせてくれる景観です。近くに数軒ですがカフェもあるので、ゆっくりくつろぎながら楽しめます。南部のリゾートエリアからは車で約2時間半、ウブドからは車で約1時間半ほどの場所にあります。

20160916machida02


お土産が可愛い!

バリの雑貨は見ているだけでも癒されて、ぜーんぶ欲しくなるほどかわいいものばかり。編みカゴや木彫りなどの民芸品から、イカットやバディックの布製品、カジュアルに使えるアクセサリー、自然派コスメのオイルや石けんなど、どこに行けばいいのか迷ってしまいます。チープな雑貨探しはクタやレギャン、サヌールで開催されているアートマーケットがおすすめです。いろいろまとめて見たいなら、クタの大型ショッピングモールへ。インドネシアならではの個性的な商品が欲しいなら、スーパーマーケットが穴場です。フランジバニやハイビスカスの香り付きオイルや石けん、サンバル・スパイス調味料などが手軽に手に入ります。品揃えも豊富で、現地の生活感あふれる商品が見つかりますよ。

20160914machiyama03


贅沢すぎる癒しのリゾート・スパ

バリのスパは、町にあるエステサロンとホテル内にある高級スパの2つ。町中の個性的で伝統的なエステサロンもいいのですが、今回私が体験させていただいたのは、受賞実績のある「テルム マラン バリ」のホテルスパ。優雅でゴージャスな雰囲気に浸りながら、開放感を享受できるのでおすすめです! 世界最大級のタラソテラピー海水プールや、岩の上に建つ特別なスパヴィラなど、施設の充実はバリでトップクラスです。フルーツやヨーグルトを使ったオーガニックフェイシャルや、花びらを利用したアロマティックペタルマッサージなど、心身ともに深いリラックス効果が得られます。

20160914machiyama08


今回の旅でお世話になったのはバリ島で唯一の複合施設「アヤナ リゾート&スパ バリ」。バリの魅力と歩き方を色々と教えてもらいました。ホテル内にはレストランやカフェ&バーなど紹介しきれない魅力が満載でした。今回は、寺院や大自然の中の異空間ムードたっぷりの景観、ショッピング、癒しのスパをご紹介しましたが、伝統芸能やインドネシア料理など、バリ島にはまだまだ魅力が満載です。ぜひ、一度遊びに行ってみてください。

20160914machiyama09

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

20160914machiyama05

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle