食欲旺盛ならマスターして!消化をスムーズにする習慣3つ

「いろんなダイエット法を試してみても、やっぱり成功しない」そんな悩みを抱えていませんか? 運動やサプリメント、食事法などいろいろありますが、どれも挫折を繰り返しているという人は、体の消化機能が低下しているかもしれません。消化機能が低下すると、肥満以外にもホルモンに悪影響を与え、免疫力も落ちると言われているんですよ。そこで今回は、ビューティーヘルスライターの筆者が消化力が必ずアップするコツをご紹介します。

■消化をスムーズに!食べ方の基本ルール2つ

消化力を高めて維持するためには2つのルールがあります。聞き飽きている人も多いかと思いますが、1つ目は、「寝る前3時間は食べないこと」です。2つ目は「食事は空きっ腹で食べること」。つまり「間食をしないこと」。ハードルが高いかもしれないけれど、理由があるのです。たとえばランチの食べ物を消化している途中に新たな食べ物が加わると、ランチで食べたものが胃の中で長く滞留して腐敗していく可能性も。腐った食べ物は毒素を出し、消化も悪くなるということです。

 

■お茶よりも白湯がオススメ

健康や水分補給のために飲んでいるお茶。確かにカテキンの効能は素晴らしいのですが、お茶に含まれる渋みには、体を冷やす効果があると考えられています。代謝が低下気味になる可能性もあるので、消化の観点からは飲みすぎ禁物。冷たいものの飲み過ぎもNGです。内臓を温め活性化してくれる白湯なら、消化機能が促進され血液循環もよくなるのでオススメ。白湯を飲むのが難しいという人は、体温より高い温度の飲みものをこまめに飲むよう意識してみましょう。

 

■「すりおろし生姜」で消化パワーがアップ!

パウダーなど乾燥した状態だと体を芯から温める効果があると考えられている生姜は、生のすりおろした状態では吸収率が高く強い殺菌力があり、消化を促す効果があると考えられています。ただし、過剰に摂り過ぎも胃腸に負担をかけますので、1日10グラム(小さじ1)程度が目安です。

いかがでしたでしょうか? 消化を高める方法って実は当たり前にいわれていることを守ればいいんですよね。目新しい方法を試す前に、普段から言われていることを努力してみてはどうでしょう。

(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※西脇俊二著(2015)『免疫力UP 自律神経を整える 基礎代謝が高まる! 消化力』(ワニブックス)

160412machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle