LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

「お腹グ~ッ」はうれしいサイン!若返りホルモンが大量生産!?

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

食事は「一日三食、規則正しく」が健康に良いとされてきました。ところが、近ごろは「空腹の方が体にとって良い」という説が世の中を席巻中のよう。老化をコントロールするという「サーチュイン遺伝子」の発見などで、空腹とアンチエイジングの深い関係が明らかになってきました。

shutterstock_49664611

■お腹がへると分泌されるホルモンとは

空腹に気付いた胃から出る「グレリン」というホルモンの語源は、英語のgrow(成長)。グレリンは空腹によって刺激された胃粘膜から分泌され、脳の視床下部に働いて食欲を出させます。それと同時に、下垂体から成長ホルモンも分泌されるそう。この成長ホルモンは、別名”「若返りホルモン」と呼ばれ、細胞を若返らせる働きがあるとのこと。お腹がすいたからといって、すぐに食事をせず、しばらくこのホルモンを体中に巡らせてみるイメージをしましょう。

 

■「サーチュイン遺伝子」は空腹時しか出ない

空腹時にしか活性化しない「サーチュイン遺伝子」は、若返りの強い味方。体内の細胞内にある遺伝子をすべてスキャンし、壊れたり傷ついたりした遺伝子を修復してくれるそうです。 また、動脈硬化の抑制やインスリンの生成など、加齢に伴う病気にも関与していることがわかってきました。老化につながる働きを制御し、老化をコントロールする「サーチュイン遺伝子」を利用しない手はありません。普段の食事の量を30%減らすだけでも効果があるそうなので、まずは「腹七分目」から始めてみてはいかがでしょう?

 

■血管までキレイになるホルモンがある!?

お腹が空いているのに、食べ物が入ってこないと、体は内蔵脂肪を分解して栄養に変えようとします。この時、脂肪の中から「アディポネクチン」という、血管の中を掃除してくれるホルモンが出ます。しかも、痩せてくるとどんどん活性化し、体中の血管を若返らせてくれるのだそう。

空腹を我慢するのはなかなか大変ですが、裏を返せば、絶好のアンチエイジングタイム。胃を休めるつもりで”空腹デー“を作って、体の中から若返る一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

(LAR編集部)

【関連記事】
寝るだけでOK!?ポッコリお腹を解消する方法

【参考】
※南雲吉則著(2012)『「空腹」が人を健康にする』(サンマーク出版)
富士フイルム ヘルスケア未来研究所 レスベラトロール − 富士フイルム

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_49664611

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事