LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

小学生のやる気を引き出す!「子どものホメ方」ルール3つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

小学生の子どもを持つ親御さんなら誰だって、やる気をもって勉強に取り組んでほしいもの。そうはいってもどう接すれば子どものやる気を引き出せるのかは。なかなか分かりませんよね。そこで今回は、小学生の子どもにやる気を出させるほめ方の3か条をご紹介します。

 

■その1 「理由」とセットでほめる

ただ漠然と「えらいね」とほめるだけでは、実は子どもからすると、何をほめられているのかわかりません。そこで、ほめる時にはきちんと理由をつけてほめるようにしましょう。例えば「今日はお母さんも忙しかったので、子守のお手伝いをしてくれて助かったよ」など、どの点をなぜほめているのかをていねいに伝えましょう。ほめられた理由がわかれば、子どもも「なぜそれがいいことなのか」ということが理解でき、次も頑張ろうというやる気が湧いてきます。

 

■その2 第三者もほめていたことを伝える

人というのは直接ほめられるよりも、そこにはいない第三者にほめられると、うれしさも倍増する気がしますよね。子供も実は同じです。「お父さんも、昨日の練習ぶりをほめていたよ」「ご近所の◯◯さんが、きちんとごあいさつをしたことをほめていたよ」というように、そこにはいない誰かが子どものことをほめていたと伝えると、「周囲が自分のことをきちんと見ていてくれているんだ」「認めてくれているんだ」という実感がわき、やる気が一層アップするのです。

 

■その3 その場ですぐほめる

子どもの興味や関心というのは、すぐに移り替わってしまうもの。時間が経ってからでは本人も実感できず、何に対してほめられたのかピンとこなくなってしまうことも。ほめてあげたいような行動を子どもした場合は、その場ですぐにほめてあげるようにしましょう。すると納得感が増し、やる気にもつながっていくはずです。

子どもにやる気を出してもらうには、親御さんにもそれなりの工夫が必要です。ここで紹介した3か条を実践して、子どものやる気を引き出してはみませんか?
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
親力 教育評論家・親野智可等 公式ホームページ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160415nagaoka00

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事