LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

たった1枚で毛穴のブツブツ解消!?「手ぬぐい」美容法に注目

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

数百年前から日本に存在する手ぬぐい。日本の女性達は、通気性と吸湿性に優れ、さらっとした感触の手ぬぐいで、古来より肌を磨いてきました。あらゆるスキンケアのなかで、シンプルではあるものの、肌に優しいこの手ぬぐい美容法が今、見直され注目を浴びています。今回、洗顔からパックまで、幅広い使用法をご紹介します。

0916hensyubu

■そもそも、手ぬぐいって?

素材は、日本に昔から伝わる和晒。ルーツは古く、今昔物語にも登場します。当時は麻が用いられていましたが、江戸時代より綿花の栽培が始まり、現在のような平織りの木綿となりました。

■基本の美肌洗顔

「手ぬぐい洗顔」は、メイク落としから洗顔までを、1枚の手ぬぐいで行います。普段のメイクなら手ぬぐいと固形石鹸のみで充分。ぬるま湯でぬらした顔を手ぬぐいでぬぐうだけで、メイクはほぼオフできます。次の泡洗顔で完全に落とせるので、強くこすらないように注意。
次に、ぬるま湯でぬらした手ぬぐいに石鹸をこすりつけ、数回もみ込んでクリーミーな泡を作ります。その泡を壊さないように顔の上をクルクルと滑らせると、手ぬぐいの繊維が泡と一緒に肌に密着し、きめ細かい泡の力で毛穴の汚れを取り除きます。不要な角質もオフできて、むき卵のようにツルンとした肌に生まれ変わります。ウォータープルーフのアイメイクなどは、先に専用リムーバーを使うと、こすり過ぎを避けられますよ。

■黒ずみやブツブツのケアにも!

手ぬぐいの摩擦を利用した天然のピーリングは、スペシャルケアにおすすめです。この場合、石鹸は使いませんが、洗顔やお湯に浸かって肌を柔らかくした後に行うこと。お湯にぬらして固くしぼった手ぬぐいを指に巻きつけ、小鼻の脇や鼻の頭など、ザラつく部分をくるくると撫でます。あご周りのポツポツや、くちびるのかさつきも改善してくれるそうです。

■なんとパックもできる!?

毎日でも行いたいのが、手ぬぐいの保湿パック。オイルorクリームをマッサージしながら塗り、あらかじめ鼻と口の部分をカットし、濡らしてから絞った手拭いを顔にのせて5~10分。じんわり汗をかくくらい蒸らしたら、軽く押さえて拭き取ります。入浴の最後に行えば、お肌がしっとり、お風呂上がりもスキンケアいらず。

たった1枚の布で、様々な役割をこなす手ぬぐい。地球にもお財布にも優しい、大人の女性として、エコな美容法を今こそ試してみてはいかがですか。

(LAR編集部)

【関連記事】
カサカサボディの原因は「洗いすぎ」!?理想の洗い方って?

【参考】
※高邊しおり著『「キレイ」が変わる美肌手ぬぐい』竹書房)
手ぬぐい洗顔 − 株式会社スリーアイランド

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

0916hensyubu

Related Article関連記事

最新の記事