LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

見た目年齢−5歳!?すぐできる「クマ」の撃退法3つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

女性をいっきに老け込ませる目の下のクマ。睡眠不足や疲労、ドライアイなど、その原因は様々。30代・40代ともなるとなおさら年齢を感じさせやすい部分だからこそ、しっかりとケアをしたいもの。特に、夏の疲れが残ってクマの出やすいこの季節に、さっとできる解消法をご紹介します。

shutterstock_114877165

■ホットタオルで血行促進

ストレスや疲れ目などでうっ血し、酸素が欠乏することでヘモグロビンが赤黒く変色してできるのがクマです。それならば、温めた蒸しタオルを乗せて、目の周りの血行を良くしてあげましょう。朝はもちろん、就寝前のリラックスタイムや入浴中でも効果的。さらに、冷やしたタオルと交互に乗せれば、その刺激で収縮した血管を元通りにでき、効果はアップするそう。目元の張りや潤いも出て来るので、お化粧ノリも良くなります。

■目の体操で凝りをほぐして

血行が良くなったら、目の周りのリンパや筋肉をほぐすマッサージも取り入れてみましょう。

  1. ウィンクを繰り返して目の周りの筋肉をほぐします。涙も行き渡ってウォーミングアップ完了。
  2. 右回りに眼球を2~3周グルグル。左回りも同様に。目の縁を見るような感じでゆっくり行います。
  3. 寄り目にして5秒キープし、戻してリラックスしましょう。

両手の薬指で、まぶたのふをやさしく押さえるマッサージも、気持ちのよい程度にやると顔全体の血流に効果的です。

 

■ビタミンCをたっぷりとって

もしも、出現したクマの原因がシミやそばかすなら、内側からのケアが必要です。メラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニン色素をなくすというダブルの効果が期待できる、ビタミンCを多く含む食品を積極的に摂りましょう。ブロッコリー、アセロラ、柿などなど。新陳代謝を助ける働きのあるビタミンB2を含む、レバーやうなぎも合わせて摂りたい食品です。

疲れ目やクマは、エイジング世代にとって美容の大敵。健康ではつらつとした印象をキープするために、目元のケアは日頃からしっかり行いたいですね。
(LAR編集部)

【関連記事】
目が1.5倍に!?超カンタン「顔ヨガ」で目元アンチエイジング

【参考】
近視の進行防止と治療について − 医療法人社団 医新会
アイケア・お役立ち情報:目のストレッチ − 参天製薬

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_114877165

Related Article関連記事

最新の記事