LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

つら〜い冷え性、解消のポイントは「うるうる瞳」!?簡単ストレッチ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝夕が涼しくなってくるとともに、今年も、そろそろ“冷え性”に悩まされそう…と憂鬱になっていませんか? 参天製薬によれば、パソコンやスマホの画面を1日8時間以上見ている女性は、そうでない人と比べると20%以上も“冷え性”に悩まされているとのこと。なぜなら、眼精疲労が全身の血の流れをますます滞らせているからなんです。冷え性を克服したいなら、まずは眼精疲労とさよならを! 冷え性予防のついでに、うるうるの瞳にもなれる簡単なストレッチをご紹介します。

■PC使用の小休憩に、絶対やっておきたいこと3つ

 1. 千手観音ストレッチ
顔は正面にむけたまま、3秒ずつ視線を留めていきます。順番に、ポイント見をするイメージで行いましょう。

  • 両まゆげ(右上、左上)
  • 両ほほ(右下、左下)
  • 両耳(右、左)
  • おでこ(上)、あご(下)

2. くるっと3周ストレッチ
次は、なめらかに眼球をすべらせます。まずは右回りに2~3周。次に、左回りで2~3周。最後に、寄り目にして5秒キープしたら、元に戻してリラックス!

3. 目薬をさす
まずは、目薬をさして眼球をリラックスさせましょう。目の充血や、疲れ目などに効果のある目薬を選ぶのがポイント。

 

■ビタミンAたっぷりの温野菜で瞳うるうる

目のストレッチで、うるうるの瞳に近づいたら、さらにもう1ステップ。角膜や網膜の働きを助けたり、目の乾燥を防いでくれるビタミンAを不足させないように食生活も気を付けましょう。レバーやうなぎが有名ですが、寒い季節にピッタリの温野菜にして、緑黄色野菜からたっぷり摂るのがおススメ! お鍋にするなら、春菊もいいですね。

いかがでしたか? まずは、パソコンの画面を見ている時間数をチェック。充血&乾燥のしすぎな瞳から、女性らしいうるうるの瞳へ。そして、今年こそは冷えを撃退しましょう。

 (LAR編集部)

【関連記事】
エイジング世代の「冷え」は3タイプ!?おすすめメニュー例

【参考】
疲れ目 ブルーライト、CLによる角膜ダメージ等 − 目の情報ポータル(参天製薬)
栄養成分百科  ビタミンA(レチノール当量) − 栄養成分ナビ(グリコ)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

eyes

Related Article関連記事

最新の記事