LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

カフェオレに塩!?世界のちょい足しコーヒーアレンジ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝食のお供に、仕事中のブレイクに、様々なシーンで欠かすことのできないコーヒー。毎日同じ飲み方でもいいですが、たまには変化をつけたいですよね。そこで今回は、料理研究家である筆者が「今すぐに実践できる世界のアレンジ・コーヒー」についてご紹介いたします。

160408chiekoogawa00

 

■1:カフェナポリターノ

コーヒー+レモン

 

その名の通り、イタリアはナポリでよく飲まれているアレンジです。厚切りにスライスしたレモンのすっきりとした酸味が特徴で、「夜明けのコーヒー」とも呼ばれています。爽やかな後味とカフェインで、シャキッとしたい朝にオススメです。

 

■2:インディアンコーヒー

カフェオレ+塩

インドで生まれたアレンジ方法です。塩スイーツが流行したことがありますが、インディアンコーヒーも、ほんの少し加えた程よい塩加減がミルクの甘みを最大限に引き出します。ホッと一息つく際にいかがでしょうか。

 

■3:マザグランアメリカーノ

アイスコーヒー+レモン+ライムソーダ

マザグランとはアルジェリアの地名ですが、フランス語ではアイスコーヒーの意味。カフェナポリターノがレモンだけを加えるのに対し、こちらは炭酸も加えて、より爽やかな風味に仕上がります。

 

■4:カフェベルボン

コーヒー+シェリー酒

フランスはブルボン地方で誕生したと言われる、甘酸っぱい風味がクセになるお酒です。温かいコーヒーにシェリー酒を数滴たらすだけでよいので、お手軽かつ、お酒に強くない方にもオススメできるアレンジ方法です。

いかがでしたか? コーヒーを飲むことが習慣になっている方も多いはず。今回の記事を参考に、ぜひ普段とは一味違ったコーヒーアレンジを試してみてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アラサーなら知らぬは損!「本当にビタミンC豊富な食べ物」5つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160408chiekoogawa00

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle