看護師が教える「鼻づまりで苦しいときの対処法」3つ

アレルギーや風邪などで鼻水がつまって苦しい時ってありますよね。鼻づまりは深く呼吸ができなくなり、酸素が身体にうまく回らなくなります。イライラしたり集中力がなくなったりと精神的にも影響が出てしまいます。今回は看護師の筆者が、鼻づまりを楽にする方法を3つお伝えします。

20160420ichimura

 

■1.鼻を外側から温める

鼻がつまって苦しいという時は、鼻水の粘り気が強くなっていることが考えられます。そんなときは鼻を外側からじんわり温めることで鼻を中心に血行がよくなります。オススメは蒸しタオル。蒸気が鼻腔に入って鼻水を柔らかくする効果があるので、Wの効果が期待できます!

 

■2.蒸気を吸う

外を温めたら、今度は鼻の中にアプローチしましょう。洗面器やマグカップに熱めのお湯をはり、火傷をしないように気をつけながら口と鼻を近づけてゆっくりと呼吸をしましょう。蒸気が粘り気の高い鼻水を柔らかくしてくれます。ペパーミントやティーツリーの精油をお持ちの方は、数滴たらすとすっきりして、より効果が期待できます。

 

■3.意外!?水分をしっかり摂る

鼻水や痰が出しにくい時は、水分不足なことも少なくありません。看護師としても、痰が硬い患者様を看護する場合、お薬を使うよりも、まずは水分の補給をすることもあります。特に風邪で熱がある時などは、水分が失われて鼻水や痰が硬くなりがちなので、そのような場合はこまめに水分を飲むようにしましょう。また鼻づまりの時は口呼吸になりドライマウスになりがちですので、こまめに水分をとることで口の中の保湿にもなりますよ。

いかがでしたか? 簡単にできることばかりですので苦しい時は試してみていただけるとうれしいです。
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター 市村幸美)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

【参考】
不快な鼻づまりの解消法 – 沢井製薬

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle