究極デトックス!心も体も元気になる全身ストレッチ

気が付けば、溜息をついていた……。季節が大きく変わろうとしている時期は、カラダに負担がかかりやすいために、気持ちも沈んでしまう人も多いようです。そこで今回は、エクササイズディレクターの筆者がカラダとココロが元気になるストレッチをご紹介します。

20160401kazuyo

 

■ココだけは押さえて!むくみやダルさを制する2つのリンパ節

このストレッチは、2つの大きなリンパ節の流れを促す動作で老廃物を排出しやすくします。古い細胞や血液のかけらなどの老廃物や脂肪を運び、やがて血液と合流し尿として体外へ排出するリンパ液。この流れを悪くしてしまうのが、ストレスや運動不足、冷えです。リンパ液の中に含まれる細菌や異物を除去する「リンパ節」が詰まると、倦怠感や肩こり、冷えやむくみに悩まされる可能性も。そこで、ここだけは流しておいて! というリンパ節をご紹介しましょう。

1つ目:下半身のリンパ最大の通過点である「鼠径(そけい)リンパ節」

この部位は運動不足だけでなく、座り時間が長いことで骨盤の重みで鼠蹊部が圧迫されやすい部位です。圧迫により下半身のむくみやだるさを生じるので、積極的に老廃物を流すことが大切です。

20160406kazuyo

 

2つ目:体内のゴミ捨て場と言われる「鎖骨リンパ節」

 この部位は、PC操作によるコリや運動不足による血行不良が原因してリンパの流れが悪くなります。特に左鎖骨リンパ節は、最終ゴミ捨て場。時間のある時はゆっくり左側からさすって、流れをよくしておきましょう。

20160406kazuyo

 

■溜息が出たらやってみて!ココロもカラダも元気になるストレッチ

今回ご紹介するストレッチは、体の前後をしっかり伸ばすことで、疲労回復はもちろん肩こり、腰痛にも効果があります。ストレッチングの目安は、呼吸がラクに続けられ、なおかつ伸びている感覚を、じっくりと味わえる強度。ゆっくりじっくり動作してみてください。

ストレッチ手順

1.床に仰向けになり両肩、ブラブラと体を揺すりながら両肩や両かかとが横一列に並ぶように体をゆるめ、背骨をまっすぐの位置に戻しましょう。
2.右ひざを曲げてゆっくりと左床方向に倒します。左手は右ひざに添え、右手は頭の先の床に伸ばします。吸う息とともに体を縦に気持ち伸ばし、吐く息とともにねじりを深めましょう。30秒から1分ほどキープしながら、胸を開き呼吸を深めてください。

20160401kazuyo

3.さらに左ひざを曲げ、左かかとをお尻に近づけます。右手で左足をつかみ、両ひじをゆっくり床方向におろしながら、顔は右側に倒します。みぞおちの辺りからねじりを深め、30秒から1分ほど呼吸を繰り返しながら右鼠径部から太腿前側、ひざなどの伸びを感じてみてください。

20160401kazuyo

4.反対側も同様に動作しましょう。

20160401kazuyo

いかがですか? どこかに痛みを感じる場合は、すぐにその部位をゆるめましょう。ぜひ、呼吸を聞きながら実践してみてください。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle