脱・部屋着見え!30代・40代のスウェットコーデ術まとめ

トレンドのスポーツミックスコーデやリラックススタイルに欠かせないスウェットアイテム。30代・40代の大人の女性らしい着こなしを叶えるには、ちょっとしたコツが必要ですよね。気を抜けばうっかり「部屋着のままで出てきたの?」と思われかねません。品よくコーデに取り入れるために、人気記事からまとめてご紹介する選び方・コーデのポイントをチェックしてみてくださいね!

160406LAR00

 

■ 30代・40代流パーカー/スウェット「部屋着に見せない」選び方

「厚手のスウェット地」を選ぶべし!

まず大前提として、スウェットの生地は厚手のものを選ぶことが鉄則です! ぎゅっと編み目の詰まった、しっかりした生地のものを選びましょう。薄手のスウェットは安っぽく見えてしまう上に、ダイレクトに身体のラインが見えてしまうので、着太りする原因にもなります。

オススメはハリと光沢感のある「ボンディング素材」

そんな中で大人女性にオススメなのが、「ボンディング素材」を使ったトレーナーやパーカー。スウェットに近い素材なのですが、スウェットよりも厚手でハリがあり、若干の光沢感もあります。高級感も演出できるので、カジュアルすぎずに着こなしたい人にはオススメです。写真のようにきれいめのスカートとの相性もよく、上品に取り入れられます。

20151215morita

 

「トレーナー型」は首の開き方に注意!

フードがついていないトレーナー型のスウェットの場合、「首つまり」のデザインであることが必須です。首まわりがだらっと開いているデザインだと、部屋着っぽさが強調されてしまうためです。首がつまっているだけで、きちんとした印象を与えてくれるだけでなく、今年らしさもプラスされ、より洗練された着こなしになるでしょう。

20151215morita

 

パーカーはフードのデザインで小顔効果が狙える!

パーカータイプの場合、フードの大きさやボリュームが重要なポイントになってきます。フードのボリュームがある方が小顔効果が期待できます。また顔周りが華やかになるので部屋着感を薄れさせてくれます。

今年のオススメは「トレーナー+パーカー」の一体型

さらに今年トレンドとなっているのが、このようなファスナーがないタイプのパーカー。ファスナーがあるとどうしてもカジュアルな印象が強くなってしまうのですが、トレーナータイプならばきれいめに着こなすことが可能になります。

20151215morita

 

■デザイナーが教える「大人のスウェット」コーデのテクニック

スウェットトップスはレディライクな素材感と合わせて

定番人気のスウェットトップス。着やすくて合わせやすく便利ですが、カジュアルすぎて見えてしまいますよね。大人っぽく、きれいに着こなすコツは組み合わせるアイテムの「素材感」が重要です。レースや大きな花柄など、レディライクな素材は一見ミスマッチに見えそうですが、意外としっくりくるのです。合わせ方によってはフォーマル感が出過ぎてしまうので、スウェットトップスを合わせて程よく外すと、新鮮に見えます。すでに手持ちのスカートやワンピースと合わせてみると、新しいコーディネートが広がるかもしれません。

20160121higuchi

 

パーカーはトラッドアイテムとの相性◎

肌寒い時には欠かせないパーカーは、子どもっぽく見えやすいのが難点。白シャツやトレンチコート、チェスターコート、ウールのパンツやスカートなど、トラッドアイテムと合わせると程よい抜け感を演出できます。足元はスニーカーよりも、マニッシュなレースアップシューズ、ローファー、サイドゴアブーツならば、より引き締まった大人カジュアルに! 逆転の発想で、全身トラッドアイテムで堅苦しく感じた日は、ジャケットやカーディガンよりもパーカーを羽織ってみるとベストバランスになるかもしれません。

20160216higuchi

 

最難関!?スウェットパンツは「靴選び」が重要!

少しずつ浸透しつつあるスウェットパンツ。しかし、部屋着との差別化がとても難しいアイテムです。重要なポイントは、薄手ではなく、しっかりとした素材のスウェットパンツを選ぶことと、お尻のラインがくっきり出過ぎないものを選ぶことの2点。。スウェットパンツも上述のようにレディライクな素材感のアイテムと合わせて外すのもいいですし、トラッドアイテムとも相性がよいのです。

20160121higuchi3

特に重要なのは靴選び。レディライクな素材感のトップスには、パンプスと合わせるのもいいですし、トラッドアイテムにはブーティーなどもよいでしょう。キレイ目の靴を選べば、「部屋着見え」から抜け出すことができます。

20160216higuchi

 アイテムごとにスウェットを大人らしく着こなす秘訣をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 着心地が良く楽にコーデに取り入れることができるスウェットだからこそ、選び方や他のアイテムとの組み合わせ方に気を付けて、たくさん着回したいですよね。旬な着こなしが叶うスウェットを上手にコーデに取り入れて、あなたもぜひ大人の余裕漂うリラックススタイルに挑戦してみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

160406LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle