海苔だけじゃない!おにぎりに巻くと美味しい食材3つ

春の行楽シーズンのこの季節。おにぎりを持って出かける機会も増えてきます。そんなときにオススメなのが、海苔ではないもので巻く、ひと工夫加えた簡単おにぎり。いつものおにぎりがとっても華やぎます! ごはんソムリエの筆者が、海苔とはひと味違う旨みたっぷりのおにぎりを包む食材をご紹介します。

 

■高菜の浅漬け葉

「目張り寿司」と呼ばれる、和歌山と三重にまたがる熊野地方の郷土料理。ご飯を高菜の浅漬けの葉でくるんだおにぎりです。白いご飯をそのまま包むもよし、刻んだガリをご飯に混ぜるもよし! ちらし寿司などの酢が入ったご飯でも美味です。彩りが美しく、目を引くおにぎりです。

 

■薄焼きたまご

開けてパッと華やぐ、薄焼きたまごで包んだおにぎり。ケチャップライスを包むのも定番で美味しいのですが、一番のオススメは、さんまの蒲焼の缶詰をご飯に混ぜて包む「うまき風おにぎり」。さんまでも十分味わい深く、旨みたっぷり!

 

■とろろ昆布おにぎり

富山の郷土料理「とろろ昆布」を巻いたおにぎりも色が美しく、とっても美味。塩を振った白いご飯の周りに、まんべんなくたっぷりととろろ昆布を前面に巻き付けます。昆布の旨みが口に広がり、冷めても美味しいおにぎりです。

いかがでしたか? その他にも、青森津軽地方の郷土料理である若生おにぎり(若生と言われる薄く柔らかい1年ものの昆布で巻いたおにぎり)など、地場のおにぎりを見つけて作るのも楽しいですよ。春の行楽シーズンに合わせて、おにぎりにも一工夫して、ワンランク上のお弁当を持って行ってみては? 人気が出ること、間違いなし!
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

160326shibuya00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle