LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

知ってた?お米屋さんが絶対やらない「NG保存方法」3つ

澁谷梨絵

マイスター写真①

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

春先に向けて、段々と暖かくなってくるこの季節。新米シーズンからおよそ半年が過ぎ、お米にとっては少し厄介な劣化が気になる季節です。でも、大丈夫! お米の専門家が、次の新米の季節まで美味しくお米を食べられる保存のポイントをお教えします。

160320shibuya00

 

 ■1.袋のまま常温で保管

お米の袋には、実は目に見えない小さな穴が開いています。そのため買ってきたお米袋のまま保管すると、空気穴からどんどん酸化が進んでしまいます! ジップロックやタッパーなど、密閉容器に移し替えて、空気をシャットアウトしてください! これからの時期は段々と暖かくなり酸化の進行がより早くなりますので、ご注意を。できれば、密閉容器に入れたお米は冷蔵庫の野菜室に保管すると、お米が冬眠状態になって劣化せずに、いつまでも美味しく食べることができますよ。

 

■2.炊事場やシンクの下に保管

お米は、湿気とにおいを吸ってしまいます。湿気の多い炊事場の下やシンク下は、お米の鮮度が下がってしまいます。また、炊事場の下のにおいを吸って、お米が洗剤臭くなってしまうことも。お米の天敵である湿気と温度帯にはご注意を! お米が心地よく鮮度を保てる温度帯は、冷蔵庫の野菜室の温度帯10度前後です。

 

■3.米びつに入れて継ぎ足し保管

お米についているヌカ部分は、酸化を進ませ、お米を劣化させます。米びつに入れてお米を使い切ったら、必ず一度洗って、しっかり乾かしてから、次のお米を継ぎ足しましょう。洗わないまま継ぎ足すと、酸化の進んだヌカから米虫が発生する危険性も!

せっかく精米日の新しい鮮度の高いお米を選んでも、保存方法によって、一気に劣化が進んでしまいます。美味しいお米をいつでも新鮮に食べるには、温度管理、酸化防止、湿気除去、ヌカ残しゼロを守ってみて! ほんのひと手間の正しい保管方法を知ることで、いつまでも美味しいごはんが楽しめます。
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160320shibuya00

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事