今が旬の「春キャベツ」!おいしく美肌をつくる食べ方3つ

今が旬の春キャベツは自然な甘みもあり、美肌効果も期待できる女性にうれしい野菜! ビタミンCやビタミンUのほか、その他の栄養も豊富。そんな春キャベツとキレイづくりのためのおすすめの食べ方アイデアも合わせてチェックしておきましょう。

16032LAR00

 

■春キャベツの旬って?どんな野菜?

春キャベツはその名の通り、春先の3月から初夏にかけて店頭に並びます。栄養は普通のキャベツ同様に、ビタミンU、ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富!  ビタミンUはキャベツ特有の栄養素で、胃の働きや粘膜を正常に保ってくれるそう。ビタミンCは、シミ予防・抗酸化作用・皮膚や粘膜を丈夫に保つ効果があるほか、ストレスの緩和や、免疫力アップにも役立つといわれています。

 

■春キャベツと冬キャベツの違いは?

春キャベツは冬キャベツに比べて巻きがゆるくて柔らかく、内部も薄い緑色をしています。水分が多く甘みもあって食べやすく、春キャベツはサラダなどの生食向き、冬キャベツは固いロールキャベツなどの煮込み料理に向いていると考えられています。キャベツのビタミンCは熱に弱いので、生で食べられる春キャベツなら効率的に摂取できますね!

 

■おいしくキレイ!春キャベツの食べ方3つ

春キャベツの魅力に惹かれたら、ぜひキレイになる賢い食べ方で摂取しましょう。

ビタミンCをたっぷり摂取できる「生」で美肌に

先述のとおりキャベツのビタミンCは熱に弱いので、サラダや千切り、ディップなど、生で食べるのがおすすめ。和風・洋風ドレッシングや中華だれ、マヨネーズなど、何とでも相性がいいのでお好みの味を見つけてみましょう。

 

新じゃがいも+キャベツのビタミンCコンビで!

旬の新じゃがいもと一緒ならさらにビタミンCが摂取できるので、美肌効果が期待できます! 新じゃがいもはゆで、生のキャベツとあわせてサラダなどでいただくのがおすすめです。

 

美白力のある「アスタキサンチン」の豊富な鮭と!

春キャベツと合う魚といえば、鮭。一緒に食べることで、鮭に含まれる「アスタキサンチン」で抗酸化。美肌・美白効果が見込めます。炒め物やホイル焼きなどで美肌効果をたっぷりとりましょう。

春キャベツが店頭に並ぶ時期はほんの数ヶ月。見かけたらぜひ手に取って、おいしく調理して美活に励んでみてはいかがでしょうか?
(LAR編集部)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
キャベツ – キユーピー
旬の野菜・果実 – JA全農青果センター
ビタミンC 成分情報 – わかさの秘密
キャベツ 成分情報 – わかさの秘密
アスタキサンチン 成分情報 – わかさの秘密
春キャベツと冬キャベツの違い 暮らしのLABO博士 – フジテレビ商品研究所
じゃがいも 美食情報サイト – 美味食材 – セコム

16032LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle