アボカドと相性◎で美肌に!「新じゃがいも」の食べ方

春先にスーパーなどの野菜売り場に出かけると、よく目にする「新じゃがいも」。普通のじゃがいもとどう違うのかご存知ですか? 実は、新じゃがいもならではの食感以外にも、美肌にうれしいというメリットも! ぜひその違いや効果、より美味しい食べ方をチェックしておきましょう!

160321LAR00

 

■春収穫の「新じゃがいも」って?

新じゃがいもは、産地によって店舗に出回る時期が異なりますが、春によくお目見えするのが、5~7月に収穫される長崎産や鹿児島産のもの。通常の秋よりも早く収穫することで皮が薄いぶん、水分が多いのが特徴。皮ごと食べれば栄養をより効率的に摂取することができると考えられています。

 

■普通のじゃがいもより美肌効果が期待できる!?

じゃがいもには美肌にうれしいビタミンCが豊富ですが、これは新じゃがいもも同様。長い期間貯蔵される普通のじゃがいもよりも、収穫後すぐに食べる新じゃがいものほうがビタミンCの含有量が多いといわれています。ビタミンCがでんぷん質に覆われているおかげで、熱に強いのも特徴です。肌のコラーゲン生成の助けになり、シミやそばかす予防も期待できそう。新じゃがいもはこの時期にしか食べられない貴重な野菜なので、ぜひ旬を逃さず食べて!

 

■新じゃがいもで美人になれる!?オススメの食べ方

新じゃがいもは水分が多いのが特徴的。美味しく味わうのに加えて、次のような美人を作る賢い食べ方をオススメします。

塩こしょうで皮ごとシンプルに!

新じゃがいもは、先ほどもご紹介したとおり、皮ごと食べたほうが栄養を多く摂取できるといわれています。水分が多く潰してもホクホクにはなりにくいので、皮をむかずに茹で、シンプルに塩コショウやバターで食べるのも◎。

 

アボカドと一緒に食べてさらなる美肌に!

サラダとして組み合わせるなら、同じく美肌食材として人気のアボカドがオススメ! アボカドを食べるように、醤油やマヨネーズで和えれば美味しく食べられます。じゃがいものビタミンCに加えて、アボカドに含まれるビタミンEが老化の大敵「活性酸素」の害を除くだけでなく、抹消血管を拡張して血行をよくする働きも。

新じゃがいもが店頭に並んだら、ぜひ手に取って、美肌効果と共に、春を存分に満喫しましょう!
(LAR編集部)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
消費者相談 – 農林水産省
じゃがいも 美食情報サイト – 美味食材 – セコム
季節の食材活用しちゃお 野菜・果物編 – ドリーミアクラブ
アボカドの栄養学 – Dole

160321LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle