ダイエット・アンチエイジングに◎!目的別ハチミツの選び方

美容や健康に良いと言われる「ハチミツ」。お砂糖と比べると栄養が豊富だったり、カロリーが低かったりと、アンチエイジングやダイエットにうれしい効果もあります。さらに、ハチミツの元となる樹木や花によって効果が違ってくるという話も。アンチエイジングやダイエットにオススメのハチミツの種類と選び方、とり方のポイントをご紹介します。

160316iwata00

 

■アンチエイジングorダイエット?ハチミツの選び方

(1)アンチエイジングには「甘露ハチミツ」

ハチミツは、花の蜜や樹液をみつばちが集めたものです。そのため、花や樹木由来の成分や蜜蜂の唾液に含まれる酵素など、実にさまざまな栄養素が含まれています。とくに樹木由来の甘露ハチミツは、ポリフェノール量が多く抗酸化力が強いそうですから、紫外線が強くなるこれからの季節、抗酸化力UPにおすすめです!

 

(2)ダイエットなら「国産アカシアハチミツ」

糖は身体に必要な栄養素ですが、エネルギーとして消費できる糖の量は限られています。そのため、血液中に糖が余ってしまうと、糖の値を下げるために分泌されるホルモン「インスリン」によって、脂肪細胞に運ばれ、脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。国産アカシアハチミツは、糖の吸収が穏やかで血液中の糖の値を急上昇させず、またインスリンの分泌も抑えてくれます。同じ甘味料であっても、脂肪として蓄積される割合が低い甘味料といえます。

 

■ハチミツは「砂糖と置き換えて」使いましょう

ハチミツのカロリーは、上白糖に比べると低めです。さらにグルコースやオリゴ糖など、さまざまな種類の糖が含まれているため吸収に時間がかかり、血液中の糖の値を急上昇させません! また、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールが豊富で、栄養価も高い甘味料。とはいえ上白糖と同様に、糖であることには変わりがありません。今までの食生活に「プラス」するのではなく、お砂糖と「置き換えて」役立てましょう!

ハチミツはトロリとしていて口に残りやすいため、少量でも甘味を強く感じられます。どうしても甘いものがやめられない……という方は、砂糖をハチミツに置き換えて、美味しくダイエットに役立ててみてくださいね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
はちみつの甘さと栄養成分 – 山田養蜂場
はちみつの「血糖値正常化」に関する研究データ – 山田養蜂場

160316iwata00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle