LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

SとLの黄身の大きさは同じ!?「タマゴの豆知識」3つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎日の食卓に欠かせない卵。完全栄養食で、アンチエイジングにうれしい栄養が満点なことから、健康のために食している方も多いのではないでしょうか。卵は簡単にどこでも手に入るので、日々の生活にどんどん取り入れていきたいですよね! 身近だけど、意外と知らないことも多い卵のあれこれを、料理研究家である筆者が解説します。

A53561525_m

 

■卵も呼吸をしている!

においが強いモノの近くに置くのはNG

硬い殻に覆われていて、外の空気に触れることがなさそうな卵。実は気孔(きこう)という極小さな穴が存在し、そこから内部の炭酸ガスを排出し、外の空気を吸っています。そのため、においが強いものの近くに置いてはいけません。

洗うと殻から雑菌が入ってしまう!?

洗ってしまうとこの気孔から雑菌が入るため、洗わずにそのまま割ったり、茹でたりすることが理想です。殻にばい菌が付いているかもしれない、と心配になる方もいるかもしれませんが、中身は殻に守られ清潔が保たれているので、洗わなくても問題ありません。

 

■お椀のふちや鍋の角で割っちゃダメ!

生卵を割る際に、お茶碗やお皿のふちを使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、これでは卵が押しつぶされてしまいます。殻が入ってしまったり黄身がつぶれてしまったりと、いいことがなく、プロは絶対にやりません。生卵を割る際は、机やキッチン台など、平らな場所で割るようにしましょう。

 

■SサイズもLサイズの卵も、黄身の大きさは同じ

スーパーマケットやコンビニで販売されている卵にはSS、S、M、L、LLと様々なサイズがあります。一見すると中身の量が異なるように思えますが、違うのは白身の量だけで、黄身の量に差はありません。メレンゲや茶碗蒸しなど、白身を多く使う場合はLサイズを使用する方が無難ですが、黄身をメインに使用する場合はSサイズで十分です。卵を使う料理に合わせて、購入するサイズを決めましょう。

いかがでしたか? 茹でたり、焼いたり、生で食したり、お手軽かつ様々な調理法がある卵。毎日の食卓に欠かせない食材ですから、今回ご紹介したことを参考に、是非美味しく召し上がってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
美肌・美腸に!毎日続けたい「酒粕ヨーグルト」「はちみつ甘酒」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160324ogawachieko

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle