LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

カチコチ老けかかとをツルツルに!重曹スクラブの作り方

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

春は重たいコートを手放す季節。服装が薄着になるとともに肌の露出も増えて、ケアを怠っていた部分が丸見えになりますよね。特にかかとに溜まった角質が見えると老け度が一気に上昇するため、サンダルを履く前にキレイにしておきたいもの。そこで今回は、ホリスティックビューティインストラクターの筆者が、かかとをツルツルにしてくれる超お手軽な「重曹スクラブ」の作り方をご紹介します。

160325eriko00

 

■「重曹」の持つ力とは?

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、弱アルカリ性の性質を持っています。皮脂や油などの酸化した汚れを中和する作用があるほか、粒子が細かくて水に溶けにくいことから、研磨剤としても重宝されています。重曹の粒子は押すと変形するほど柔らかいので、デリケートなお肌を傷つける心配がなく、スクラブには最適と言えますね。

 

■重曹スクラブの作り方(両足/一回の目安)

用意するもの

・重曹 大さじ1
・水 小さじ1
・小ボウル

20160318Eriko

 

作り方

(1)重曹に水を少しづつ加えて混ぜます。

20160318Eriko

(2)シャーベットぐらいの固さになったらでき上がり。

20160319Eriko

使い方

スクラブを柔らかい薄手の布、もしくはブラシにつけて、クルクルと輪を描くようにかかとをこすります。保湿をプラスしたいならココナッツオイルやホホバオイルなどを少量加えてもいいでしょう。また、かかとのみならず、ひじの角質にも利用できます。

 

■注意!重曹を使うときに気をつけたいこと

粒子が水に溶けにくいため、手の表面をこすってしまいます。手荒れしやすい人は手袋をして使いましょう。また、お風呂の床やボウルの表面を傷つけてしまう場合があるので、しっかり洗い流すようにしてください。湿気を吸うと固まるので、容器に入れたらしっかりとふたをして保管するようにしましょう。

これからの季節、サンダルを履いてもツルツルのかかとを見せられるようにしたいですよね。ぜひお試しを!
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ

【参考】
重曹とは – 石鹸百科

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle