LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

女子力アガる!春野菜に◎「最強ドレッシングレシピ」4つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

春キャベツやスナップえんどう、ブロッコリーなど、春野菜がおいしい季節になりましたね。野菜は、ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維がとれる、アンチエイジングに欠かせない食べもの。毎日たっぷり食べたいけれど、ドレッシングに飽きてしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は美養フードクリエイターである筆者が実際に作っている、簡単で美味しい手作りドレッシングを4つご紹介します。

160303iwata00

■豆腐マヨネーズ

温野菜によく合います。

<材料>

豆腐 300g
白みそ 30g
酢 30cc
オリーブオイル 30cc
塩 適量

<作り方>

しっかりと水気を切った豆腐、白みそ、酢、オリーブオイルをミキサーでなめらかになるまで撹拌し、塩で味を調えて出来上がり。

 

■味噌ドレッシング

温野菜にも、生野菜にも合います。

<材料>

味噌 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ガラムマサラ お好みで

<作り方>

味噌とオリーブオイルをよく混ぜ、お好みでガラムマサラを加えて出来上がり。

 

■パクチードレッシング

野菜だけでなく、お豆腐や肉・魚にも合います。

<材料>

パクチー 2本程度
オリーブオイル 大さじ2
塩レモン 大さじ1
粒マスタード 小さじ1

<作り方>

1.パクチーは、よく洗って、根の部分も全てみじん切りにします。
2.みじん切りにした塩レモン、パクチー、オリーブオイルをよく混ぜ、粒マスタードを加えて味を調えて出来上がり。

 

■塩レモンとトマトのドレッシング

生野菜や、お豆腐に添えてもおいしいですよ!

<材料>

塩レモン 大さじ1
プチトマト 5個程度
オリーブオイル 大さじ2

<作り方>

1.プチトマトは、半分に切り、トースターで10分程、水分が抜けてしんなりするまで焼きます。
2.みじん切りにした塩レモン、プチトマト、オリーブオイルをよく混ぜて出来上がり。

ドレッシングのバリエーションが増えると、野菜がますますおいしくなります。いろいろなドレッシングで、春野菜を楽しんでみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

160303iwata00

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事