シミのタイプ別!美容家おすすめ「コンシーラー」3選

ベースメイクで隠してしまいたい、シミ。ついついファンデが厚塗りになって、余慶に老けて見えていませんか? 気になるシミはコンシーラーでうまくカバーするのがオススメです! エイジング美容研究家の筆者が、シミをカバーするコンシーラーを3つご紹介します。

160304endo00

 

■よく動かす部分のシミや、広範囲のシミに

カバー&ストレッチコンシーラー UV/キャンメイク

ストレッチ効果があり、ヨレに強いためよく動かす部分や広範囲のシミにオススメです。シミに直接塗って指で叩き込み、パウダーで押さえれば、仕上がりが長持ちします。
(全3色、税抜価格780円)

20160225endo

 

■色を合わせて、しっかりとシミをカバーしたい時に

THREE コレクティング コンシーラー/THREE

自分にぴったりの色にブレンド可能なパレットタイプのコンシーラー。自分のシミをカバーできる色にブレンドしたら、付属の筆でシミがわからなくなるくらい厚めに塗ります。その後はコンシーラーがついていない状態の筆で境目を自然になじませ、パウダーを重ねましょう。気になるシミも自然にカバーできる可能性大!
(全2色、税抜価格5,500円)

20160225endo

 

■ピンポイントの小さなシミに!

ペンシルタッチアップ/ケサランパサラン

芯の硬いペンシルタイプコンシーラー。シミを塗りつぶすように重ねます。広範囲にできているシミのカバーには不向きであるものの、そばかすやピンポイントのシミには対応。手を汚さずに使用できるので、外出先で使いやすいのも魅力です。唇の輪郭を整えるのにもオススメ。
(全3色、税抜価格2,000円)

20160225endo


パウダリーファンデを使用する場合は、先にコンシーラーを使用し、リキッドやクリームタイプのファンデやBBクリームなどを使用する場合は、ファンデの後に使用してくださいね。コンシーラーでシミをカバーしたら、ファンデは薄く塗って、透明感のある若々しい肌を演出しましょう。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
30代・40代クマの色別!美容家おすすめ「コンシーラー」4つ

【参考】
カバー&ストレッチコンシーラーUV – キャンメイク
THREE コレクティング コンシーラー – THREE
ペンシルタッチアップ – ケサランパサラン
※中野明海著(2014)『可愛い大人の美容塾』(宝島社)

160304endo00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle