デトックスの春!美容家も欠かさない「クレンズ野菜」4つ

暖かい春がすぐそこまで来ています。陽気な日差しで着ている服も心も軽くなるうれしい季節ですが、身体も同様に軽くなろうとすることを知っていますか? つまり体内に溜まったゴミを一斉に出そうとするのです。そう、春はデトックスのチャンス! 今回は、ホリスティックビューティインストラクターの筆者が、デトックス作用を促進する春野菜をご紹介します。

20160225eriko

 

■お出汁としても使える「トマト」

筆者の大好物でもあるトマトは、実は春が旬。昔から「トマトを食べれば医者いらず」などと言われるほど栄養価が高く、生命力も強いのです。中でも赤色成分のリコピンには強力な抗酸化作用があるためアンチエイジングにも◎。さらに、旬のトマトが持つ旨味は出汁として使うと超美味! ぜひお試しを。

 

■イライラまで流してくれる「セロリ」

春の香味野菜の代表的な存在であるセロリ。その強い芳香が理由で、昔は魔除けとして使われていたとか。血圧降下作用のあるカリウムや、ストレス解消に欠かせないカルシウムなどが豊富なため、心のイライラを流すお野菜として利用できそう。油との相性がいいので炒め物が美味しいです。

 

■お腹の大掃除に「タケノコ」

 食物繊維の宝庫ともいわれるタケノコ。不溶性のセルロースは水分を吸収して膨らみ、老廃物を吸い取りながら身体の外へ排出する作用があります。またカリウムを多く含むため、余分な塩分も出して身体全体をスッキリさせてくれます。鮮度が命なので、購入後はすぐにアク抜きをすることがポイント。

 

■解毒作用バツグン「菜の花」

鮮やかな緑が眩い菜の花。店先に並んでいるのを見ると春を感じますよね。菜の花が持つ独特の苦味、実はこれがデトックスの大きな鍵。アブラナ科特有の程よい苦味成分が身体の解毒作用を刺激してくれます。またビタミンCが豊富なので、老化防止にも役立ちます。包丁を使わず、手でポキンポキンと優しく折るとアクが抑えられますよ。

冬に溜め込んだ不要物を出して、心身ともに軽やかになりましょう!
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
※白鳥早奈英、板木利隆著監修(2011)『からだにおいしい 野菜の便利帳』(高橋書店)

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle