まさに良薬?春野菜の「苦み」でストレスがやわらぐ!?

春野菜といえば、たけのこや春キャベツ、菜の花、ふきのとう、たらの芽、ウド、セロリなど。色合いも爽やかで、いかにも春が来たという感じがしますよね。でも、苦みや香りが強くて食べにくく、調理がしにくいなどクセがあるのも事実。でもそんな春野菜には、優れたアンチエイジング効果があるのをご存知でしょうか。その効果や食べ方のコツを知れば、苦手な方でも、思わず手が伸びるかも!? さっそく詳しくご紹介します。

20160315LAR

 

■知ってビックリ!春野菜のアンチエイジング効果

苦み成分にはデトックス効果が

 春野菜の中でも、苦みのある菜の花やたらの芽、ふきのとうなど。その苦みの正体は、ポリフェノールをはじめとするさまざまな成分にあります。これらの苦み成分の中には、老廃物を排出して代謝機能が高まるデトックス効果や、抗酸化作用があるものも! 良薬口に苦し、とはまさにこのことですね。

 

苦みでストレスがやわらぐ!?

実は、舌が苦味を感じると、気分をすっきりさせたり、ストレスをやわらげる作用があると言われています。ただアンチエイジング効果があるからとガマンして食べるよりも、旨みや塩味など他の味覚とのマリアージュを楽しめれば、よりリラックスできそうですね。

 

■天ぷらで苦みがやわらぐ!上手に取り入れよう

いざ春野菜を取り入れようとすると、どうやって調理すればいいのか分からないことも。特に苦みの強い菜の花やふきのとうなどは「天ぷら」にすると、苦みがやわらぐといわれています。独特の香りのあるセロリは、ぜひスープに入れてみましょう。風味がよくなるだけでなく、コクが増します。もちろん春野菜はおひたしにしても、彩り、味わいともに格別!

いかがでしたか? 春野菜が苦手な方も大好きな方も、ぜひこの春はデトックスと抗酸化を目指して、春野菜で食卓を楽しく彩りましょう。
(LAR編集部)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
野菜の苦味を楽しもう | コラム – Dole
旬野菜レシピ とっておきレシピ – キユーピー
「食」を通じて学んでみよう 学校給食センター – 古賀市
※蓮村誠著(2010年)『究極のデトックスレシピ: あなたの体質に合った毒出しメニューの黄金ルール』(PHP研究所)

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle