LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

余らせてない?米屋が教える「お餅アレンジ簡単レシピ」3つ

澁谷梨絵

マイスター写真①

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お正月に食べたお餅。どうしても少~し余ってしまいがちですよね。お醤油で食べる、お雑煮で食べる、お米・雑穀マイスターの筆者が、定番レシピが飽きてきたこの時期にオススメのアレンジレシピを紹介します。

A18754425_m

 

■イタリア風「モチモチピッツア」(1枚分)

(1)クッキングシートを敷き、その上に角もち1個を乗せます。
(2)スライスした玉ねぎとピーマン、ハム、あればカットしたトマトを乗せて、ケチャップ少量たらした上からスライスチーズで覆いかぶせます。
(3)オーブントースターでお餅が軟らかくなるまで加熱して、でき上がり! トロトロのモチモチの食感がクセになります。

 

■和風「揚げ焼きもち」

(1)お餅をダイス型に小さめにカットし、1~2日間、外でカラカラに干す。 
(2)フライパンに多めに油を入れ、中火で温めたら(1)に軽く小麦粉をふりかけたお餅を入れ、弱火にしてプクッと膨れるまで揚げ焼きにしていきます。
(3)お餅が温かいうちにだし汁を掛けて、上に三つ葉と大根おろしを乗せたらでき上がり。

 

■スイーツ「ふわもちパンケーキ」(3〜4枚分)

(1)角餅2個をボウルに入れ、牛乳15mlを入れて、500wの電子レンジでお餅が溶けるまで加熱する(約5分)。
(2)(1)をしっかりかき混ぜてトロトロの状態になったら卵1個を割り入れ、しっかり混ぜたらホットケーキミックス130gも加え、ぼってり状になるまで混ぜます。
(3)フライパンを温め、生地を流し込んで表裏焼いたら、バターとはちみつをかけてでき上がり。ふんわりモチモチの食感がクセになります!

どうしても残ってしまいがちなお餅も、アレンジ次第で和風つまみだけでなく洋風スイーツにも早変わりします。ぜひ試してみて!
(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵)

【関連記事】
ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

A18754425_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事