LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

塗るだけじゃダメ!?美容家おすすめ「飲む日焼け止め」2選

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

これから紫外線量の多い季節を迎えるにあたり、対策は万全にしておきたいところ。容赦なく降り注ぐ紫外線を防止するには「塗る日焼け止め」だけでは十分ではないとして、「飲む日焼け止め」が注目を集めています。そこで、今回はアンチエイジングアドバイザーの筆者が、飲む日焼け止めに期待できる効果と、オススメ商品についてご紹介します。

160409endo00

 

■飲む日焼け止めの選び方は「シダ植物」!?

飲む日焼け止めは、世界中で広く愛用されています。中でも「シダ植物」から抽出した成分で作られた製品がより高い効果を発揮すると注目されています。シダ植物は、強烈な紫外線が降り注ぐ熱帯の地域に生息する野生植物で、悪性腫瘍などの治療に長く用いられてきました。臨床結果が世界中の学会で発表されるなど、その有効性が認められている成分も。

 

■世界中で最もポピュラー!?な飲む日焼け止め

ヘリオケア ウルトラD オーラル/ヘリオケア

日本のほか、ヨーロッパや韓国の皮膚科など34ヵ国以上で販売されているヘリオケア。年間を通して服用することで、体の中からDNAの損傷やメラニンの生成を防ぐ効果があるのでシミやシワ、たるみの予防に繋がりそう! ヘリオケアは輸入品ですが、皮膚科や美容クリニック、オンラインなどで購入できます。より高い日焼け止め防止効果を期待したい人にオススメ!
(30カプセル、約1ヶ月分 税抜価格5,800円)

20160409endo

 

■美容クリニックドクター監修の国産飲む日焼け止め

noUV/ノーブ

ヘリオケアが年間を通して摂取するのを推奨しているのに対し、必要な時のみの摂取でOKという手軽さが魅力。日本の美容クリニックのドクターが監修しているという点も、安心感がありますよね。監修元の東京イセアクリニックのほか、オンラインでも購入可能です。季節に応じて飲む日焼け止めを服用したい、まずは気軽に飲む日焼け止めを試してみたいという人に。
(10粒、10回分 税抜価格1,800円)

20160409endo

飲む日焼け止めだけで紫外線を予防できるというわけではありません。塗る日焼け止めはもちろん、日傘や帽子、サングラスを併用して、より効果的に紫外線を予防しましょう!
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
シワ・シミ・白髪にも!?万能すぎる「馬油」の使い方まとめ

【参考】
ヘリオケア公式サイト
ヘリオケア – 聖心美容美容クリニック
noUV – ノーブ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle