美容家が教える「パックの効果をUPさせる裏ワザ」5つ

シートパックは美肌の強い味方ですよね。少し手を加えて使うだけで、より効果をアップさせることが期待できます。今回は、ホリスティックビューティインストラクターの筆者が、誰でも簡単にできる5つのポイントをお伝えします。

20160304ichimura

 

■1.パックの前に、目と口の周りにクリームを塗る

シートパックをのせている間は、乾燥しやすい目や口の周りが出てしまいますよね。乾燥予防のために目や口の周りに薄くクリームを塗ってからシートパックを使うとよいでしょう。ローションを塗るかどうかは、パックの成分や個人の好みにもよります。

 

■2.乾燥が気になる部分はブースターオイルを

他の部分と比較して乾燥が目立つ頬などは、先に少量のオイルを薄く塗ってからシートパックをのせましょう。美容成分が浸透しやすくなり、効果が上がると言われています。シートパックの成分や、ご自身の肌の状態によっても相性は変わってきますが、乾燥肌の筆者は効果は高いと感じています。

 

■3.シートパックの上からラップを

筆者の周りでも実践している方が多い、この方法。特にお風呂上がりの身体が温まっているときに行うと、より効果が実感できるはず! 目と鼻と口の部分は切れ込みを入れて、しっかりと呼吸を確保してくださいね。

 

■4.できたら仰向けに寝ながら

テレビや家事をしながらでもできるのがシートパックのメリットですが、時間があるときはゆっくり仰向けに寝た状態で行うほうが効果的です。重力で顔の肉が後ろに移動することで、しわの間までしっかりと成分を届かせることができますよ。

 

■5.気分を上げたいときは朝に

夜にシートパックを行っている方が多いのではないかと思いますが、実は朝のケアにも向いています。シートパックをしながら他の身支度もできるので、意外と時短にもなります。朝にパックをすると夜まで肌がしっとりしますし、お化粧が崩れにくくなります。

いかがでしたでしょうか。最近は安価でも効果の高いシートパックもありますので、できそうなことから試してみていただければと思います。
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター市村幸美)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle