春も着回し!タートルニット徹底活用コーデ&選び方まとめ

冬といえばニットの季節。中でもタートルネックニットは、今年トレンドのチェスターコートやノーカラーコートなどのアウターとも相性抜群! しかし、「タートルはどうも太って見える」とお悩みを抱える女性も多いのでは? 今回は、女性のお悩み別に体型カバーが叶う「着やせタートル」の選び方と、タートルの春らしい着こなし方について、人気記事から厳選してご紹介していきます。

160215LAR00

■「着やせタートル」を選ぶなら、サイズとカラーがポイント

バストの大きい女性に多いお悩みとして挙げられる「太って見える」問題。首周りに開きがないタートルは、窮屈そうに見えてしまいがちです。窮屈に見えた瞬間、相手に太っている印象を与えてしまいます。手取り早く着痩せして見える方法は、いつもよりワンサイズ上げてみること。オーバーサイズ気味のニットがトレンドの今、多少大きく見えてもおかしくありません。サイズアップが難しければ、ブラック、ネイビーなどの濃いめの色をチョイスすると、着太りを回避しやすいです。

20160106morita

 

■肩幅の悩みは衿ぐりでカバー

いかり肩やなで肩などの悩みがある方は、衿ぐりの選び方に気をつけると良いでしょう。わかりやすくタートルネックで説明します。

いかり肩さんは「衿にボリュームのあるタートルネック」を

いかり肩の人は衿にボリュームがあったり、衿ぐりが広く深いも方が肩幅の広さが気にならなくなります。また、ぴったりとしたタートルネックなどもマフラーやスカーフを巻くといいでしょう。

20151101higuchi03

 

なで肩さんは「衿ぐりがフィットするタートルネック」を

なで肩は衿ぐりが詰まったタートルネックや、衿ぐりのあきが深くないものを選んだ方が良いでしょう。ボートネックタイプのものもよく似合います。また、袖にボリュームがあるタイプのニットもなで肩の方にはぴったりです。

20151101higuchi04

 

■デザイナーが解説!30代・40代の最新タートルニットコーデ

トレンドっぽさ満点の「スソ出し」コーデ

ここ何年か、襟元ではなく、裾にアクセントがあるデザインが流行っています。特に脇スリット入りのニットは人気があります。シャツやキャミソール、タンクトップなどの上に重ね裾を出すコーディネートは鉄板ですよね。このとき、下着っぽいキャミソールやタンクトップはNG! レース素材や、フレアが入ったものを選びましょう。着膨れを防ぐなら、シャツではなくノースリーブを着るのもいいと思います。夏服の中にも、しっくりくるものがあるかもしれません。

20160204higuchi

 

ワンピースやオールインワンとの重ね着コーディネート

実は今年の春夏、レトロなジャンパースカートに流行の兆しがあります。去年から続くトレンド、70年代テイストの流れからです。ワンピースやオールインワンを1枚着るには肌寒い日も、タートルネックのセーターは大活躍! 画像のようなノースリーブのアイテムに合わせれば、ジャンパースカート風の着こなしに。寒い時期に夏物の素材感は浮いてしまいますが、春物、秋物ならばタートルを重ね着して活用してみて下さい。

20160204higuchi

 

春らしくタートルを着こなすなら

長く寒い日の続く冬は、どうしてもダークなコーディネートになりがち。タートルネックは面積も広いため、暗いカラーを選ぶと重いスタイルに見えてしまいます。ダークな色目だとシャープに見えますが、そろそろ春を感じるスタイルに…と思ったら、ペールトーンやヴィヴィッドカラーなど、明るいニットを着るとアクセントになっていいでしょう。今年はややスモーキーなパステルカラーが人気なので、タートルを挿し色にすれば、グッと今年っぽいイメージになります。

20160204higuchi

 30代・40代の女性にふさわしい、上品な着こなしが1枚で叶うタートルネックニット。カラーに気を付ければ、冬本番だけではなく春の訪れを感じる季節まで幅広く着回すせそう! 今回ご紹介した選び方やコーデを参考に、ぜひ今年らしい着こなしにも挑戦してみてくださいね!
(LAR編集部)

【関連記事】
失敗知らず!30代・40代の「ニット帽」選び方・かぶり方・コーデのコツ

【参考】
ONWARD CROSSET

160215LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle