冬の風邪・冷え・生理痛の対策にカイロ!ツボ&パーツまとめ

寒くて身体の血行も悪くなりがちな冬は、エイジング世代にとって要注意な季節です。血が巡らなくなるとお肌のターンオーバーが滞りがちになるだけでなく、風邪を引いてしまう人も多いですよね。そんな季節に役立てたいのが、使い捨てカイロ! カイロでツボを温めると、効果的に体を温めることができるようですよ。人気記事の中から、風邪や冷え、美容悩みを解消するツボをまとめてみました!

160215LAR00

 

■生理痛にも効果的!?風邪・冷え対策のツボ2つ

へその後ろ「命門(めいもん)」

へその真後ろ辺りにある「命門(めいもん)」というツボ。その名前は、生命の出入り口という意味があります。生命に活力を与える働きがあり、体力増進や虚弱体質の改善、下半身の冷えや腰痛、下痢などに効果があると考えられています。女性特有の月経障害や、生理痛などの緩和にも! 頭痛や発熱にも有効と言われています。ホッカイロを貼っておけば、体が温まり、活力が湧いてきます。

20160116machida1

 

肩甲骨の真ん中上「風門(ふうもん)」

肩甲骨の内側背骨の少し上にある「風門(ふうもん)」というツボの名前には、風邪の出入り口という意味があります。熱や頭痛、咳や鼻水、鼻づまりなど風邪の症状に効果のあるツボです。風邪以外にも肩や首、背中のこりや老廃物の滞りなどを改善してくれる場所です。体がゾクゾクしたら、この部分を温めて筋肉の可動域をよくしておきましょう!

20160116machida2

 

■美容悩みや不調対策に◎な温めポイント2つ

下腹部&腰

精神科医の米村美智子医師によると、この2か所を同時に温めると、生理痛の緩和、肌荒れ、便秘改善と自律神経のバランスを整える効果が期待できるのだそう。女性は特に積極的に温めたい部分ですね。

 

首の裏側

海風診療所院長の沼田光生先生によると、首の裏側を温めると肩こり、頭痛のほか、白髪の改善が期待できるのだそう。ブレイクタイムの習慣にすると、効果的です。首を温めるときは、肌に直接貼らないタイプを使用しましょう。

カイロは仕事中やお出かけ中でもずっと貼っておけますし、朝から夜まで温かさが持続するので、手軽に血流を良くしたい方には強い味方ですね。この冬は、あなたもカイロで温め美容を取り入れてみてはいかが?
(LAR編集部)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

160215LAR00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle