LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

パンツ派必見!印象ガラリ「スカートコーデ」取り入れ方3つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

普段はもっぱらパンツスタイルが多いという方も、スカートを取り入れると周囲に「お? 今日はなんだか雰囲気違うな」「この人、実はこんな女らしい一面もあるんだ」と思ってもらえるはず。でも、どんな風に履きこなせばいいのか迷いますよね。そこで今回は、パンツ派のあなたでも、取り入れやすいスカートスタイルをご紹介します。

20160216nagaoka

 

■スリット入りのタイトスカート

いかにも可愛らしさ全開! というスカートは、普段はパンツ派の方にはやや抵抗があるかもしれません。そこでオススメしたいのが、スリット入りのタイトスカート。スリットといっても、色気たっぷり、というアイテムではなく、中に膝丈スカートがINしてあるタイプのものがオススメ。これなら、脚見せも少なくて済みますし、タイトスカートならではの「女らしさ」が引き立ちます。

20160216nagaoka

シャープな印象のトップスを合わせれば、クールながら女性らしさを演出できる、絶妙なバランスに仕上がります。黒はモードっぽくなりすぎて、近寄りがたい印象になってしまうかもしれませんが、白ならば柔らかさや、清潔なスタイルに。

20160216nagaoka

 

■ミディ丈ふんわりスカート

カジュアルな着こなしが好き! というあなたにオススメなのが、ミディ丈のふんわりスカート。意外と思われるかもしれませんが、丈が短くないので脚見せへの抵抗感も必要なく、スニーカーと合わせればカジュアルな着こなしも実現できます。色は白が清潔感が出てオススメ。ハンサムライクなトレンチコートとの相性も抜群なので、「カジュアルだけど女らしい」着こなしが実現できます。これから春先にかけて大活躍するトレンチコート。あえてボタンなどは止めず、腰紐をササッと縛ってラフに羽織れば、ミディ丈スカートのフェミニンさが引き立ちます。

20160216nagaoka

 

■丈長め、やわらかシルエットの淡いブルーのスカート

こちらも先の2つと同じように、露出を控えつつ女性らしさを演出できる、大人女性にピッタリのアイテム。淡いブルーなら今年のトレンドらしさも満点! 同じくトレンドの淡いピンクほど女っぽすぎないので、取り入れやすいのでは? なんといっても丈が長く膝が隠れるので、まだ肌寒いこの季節にはうれしい一品です。

20160216nagaoka

スカートが淡いブルーのとき、アウターや足元は濃いめの紺が相性◎、バランスのいい着こなしに。ボーダートップスを着れば、春先取りのマリンスタイルの完成です。

20160216nagaoka

「普段はパンツスタイル」という人が、時たま見せるスカートコーデは、印象がガラリと変わりますよね。ギャップにやられてしまう男性も少なくはないのでしょうか。ぜひお気に入りの一着を探してみてくださいね。
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
失敗知らず!30代・40代の「ニット帽」選び方・かぶり方・コーデのコツ

【参考】
ONWARD CROSSET

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事