ほうれい線・シミ即消し!?プロ愛用コンシーラー&メイク方法

ファンデーションを塗っただけだと何となくまだ足りない、厚みでカバーしてもほうれい線やシミが消えない! とお悩みの30代・40代の皆さんに、ぜひ使っていただきたいのがコンシーラー。今回はメイクアップアーティストの筆者が、現場で実際に愛用しているアイテムと、メイクプロセスをご紹介いたします!

 

■ほうれい線を隠したいなら、リキッドタイプを

アトラクト ファンデーション/ナチュラグラッセ ヌウ

目頭・目尻・小鼻の脇を結んだ部分「三角ゾーン」の悩みをカバーするための、部分使い用のファンデーションです。柔らかいテクスチャーなので、ほうれい線のように、よく動く部分にはがぴったりです! 色は肌よりも明るい色にするといいですね。
(3色 税抜価格5,500円)

20160310MANAMi

 

ほうれい線の消し方は「ツギハギ塗り」

1.ほうれい線の内側と外側を、縫い合わせるように乗せます。

20160310MANAMI

2.その後指で薄くなじませます。くすみがちな口角の横から下まで丁寧に伸ばすと、さらに美しく仕上がります。口周りの青みも消えましたね。

20160310MANAMI

 

■動かない部分のシミには、硬めのスティックタイプを

パーフェクティング スティック コンシーラー/資生堂 メーキャップ

硬さがありながら、カバー力は抜群と評判のコンシーラーです。大ヒット中の「スポッツカバー ファウンデイション」と同等の硬さ・カバー力ながら、肌につけるとするする伸びるのが特長。指でならしたりぼかしたりしても馴染みすぎず、仕上がりから時間が経っても、コンシーラーをつけた部分がガビガビと浮いてくる心配がありません。
(4色 税込価格3,456円)

20160310MANAMI

 

シミを消したいなら、大きめに塗って肌となじませる

1.シミなどの気になる部分に、少し広めに塗りましょう。

20160310MANAMI

2.シミそのものの上ではなく少し外側、周辺をなじませるように指でぼかしましょう。

20160310MANAMI

3.クマなども完全に消すと顔の面積がのっぺりしていきます。ベースメイクはやりすぎず、気になるシミが70%くらい消えたら、ポイントメイクをしていきましょう。アイシャドウ、チーク、リップなどフルメイクをしてから全体のバランスで見れば、シミはほとんど気にならなくなることが多いです。

20160310MANAMI

いかがでしたか? まだまだコンシーラーはご紹介したいものがあります。次の執筆では、私もかなりの数を試したクマや毛穴に効くコンシーラーをご紹介します!
(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI)

【関連記事】
30代・40代クマの色別!美容家おすすめ「コンシーラー」4つ

【参考】
アトラクト ファンデーション – ナチュラグラッセ ヌウ
パーフェクティング スティック コンシーラー – 資生堂 メーキャップ
スポッツカバー ファウンデイション – 資生堂

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle