LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

後ろ姿、フケてない?美ヒップメイクのポイント2つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お洒落は楽しみたいけれど、どうしても自信がもてない「お尻」。ショートパンツや、細身のレギンスにも憧れるけれど、街ゆく人を見渡してみると、「残念」な後ろ姿になっているケースも見かけますよね。「私もあんな風に見えてるかも?」と思うと、30代・40代のエイジング世代は、お尻をすっぽり隠せるチュニックのような服でスタイルをごまかしちゃうことも。でも、桃のように丸くてかわいいお尻は、お洒落の幅が広がるだけでなく、若々しく見せるポイントですよ。諦めるのは、まだ早い!

Photo1

■お尻が動くってホント!? キレイな桃尻になるために

お尻の下に脂肪がついて足との境目がわからない、お尻がなんだか四角い…。年齢を重ねて、お尻が垂れてしまう原因のひとつは、流動性脂肪という「動く脂肪」。骨や筋肉の支えが衰えてくると、この脂肪が重力に逆らえずに垂れてしまいます。だからこそ、キュッと上に上がった、桃尻を作ることが見た目年齢を変えるポイント! そんなとき心強いのが「ジャストフィットした下着」。自分のヒップをキレイな形にキープできる下着を身に着けることは、アラサー世代にはとても大事なんです。バストと同じく、下着売り場でヒップのサイズを確認してもらいましょう。

 

■「ぺたんこヒップ」は自ら招く!? NG習慣を見直そう

骨盤が開いてしまう事も、お尻が垂れてしまう大きな原因のひとつ。特に丸みのない平べったいお尻になってしまうのは、このためです。骨盤が歪んだままでは、ヒップアップトレーニングや、足痩せストレッチなど、いくら頑張っても効果が出にくくなってしまいます。

いつも片方の靴だけがすり減ってしまう、ネックレスがいつも同じ方向によれてしまう、なんていう日常のサインが出ていたら、まずは歪んだ骨盤を治すことからはじめましょう。骨盤の歪みは、日々の心がけで格段によくなるものです。脚を組んだり、片側に重心をかけてしまうクセは絶対NGですよ。

実年齢以上に、お尻が垂れてしまう原因を作っているのは、もしかして自分かも! 女性の年齢は、お尻に表れると言っても過言ではありません。桃のようなかわいいヒップで、後ろ姿に自信をつけましょう。

(LAR編集部)

 

【関連記事】

ザラつき解消!ヒップのケアもできる台所のアレって?

【参考】

ワコール 人間科学研究所

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Photo1

Related Article関連記事

最新の記事